コンテンツにスキップ

AP6 support and services ライセンス

AP6 シリーズ アクセスポイントの購入には、ローカル Web インターフェースと CLI 管理オプションが含まれています。AP6 support and services ライセンスは、AP6 アクセスポイントごとに購入でき、次のような利点があります。

  • SSID と VLAN の管理、デバイスの設定、ステータスの表示など、AP6 の Sophos Central 管理機能のすべて。
  • ファームウェアの更新。
  • スタンダードサポート (平日 9:00~17:30 / 緊急時は 24時間 365日) 英語は 24時間 365日
  • 高度な RMA サポート

警告

有効な AP6 support and services ライセンスがないと、Sophos Central からアクセスポイントに変更を加えることはできません。

AP6 の新規顧客

AP6 アクセスポイントが管理されていない Sophos Central アカウントは、新規顧客と見なされます。AP6 アクセスポイントを初めて登録する場合は、Sophos Central ワイヤレス管理を使用するには、Sophos Central アカウントにサポートおよびサービスのサブスクリプションを追加する必要があります。

既存の AP6 の顧客

既存のAP6 のお客様には、サポートサブスクリプションなしで Sophos Central の管理機能を延長できる猶予期間を提供しています。これにより、猶予期間中のサポートの状態に関係なく、組織は Sophos Central 管理を使用できます。

サポートが不十分またはサポートがない

Sophos Central で管理するすべての AP6 アクセスポイントに対してサポートを購入することを強くお勧めします。

Sophos Central で AP6 を管理しているアカウントのうち、正しいサブスクリプションを所有しているものの、ライセンス数が不足しているものや、サポートライセンスを所有していないもの (未登録) は、Sophos Central のワイヤレス管理ページに、影響を警告するバナーが表示されます。

次のシナリオでは、AP6 support and services ライセンスは必要ありません。

  • Sophos Central で AP6 アクセスポイントを管理しない。
  • APX シリーズアクセスポイントのみを使用する。
  • MSP から月次のサポートおよびサービスのライセンスを購入している。

詳細情報