コンテンツにスキップ

エンドユーザーメッセージの設定

エンドユーザーメッセージの設定」をオンにすると、受信ッセージ上部に、信頼されるメールかどうかを示すバナーまたはメッセージが表示されます。

エンドユーザーメッセージの設定では、異なる色とメッセージを使用して、メッセージが DNS チェックに合格したかどうかを示します。チェックには、DKIM、SPF、および DMARC が含まれます。

エンドユーザーメッセージの設定のオン/オフを切り替えることができます。各タイプのエンドユーザーメッセージ設定をオンまたはオフにすることもできます。

エンドユーザーメッセージ設定は、組織外から受信した HTML 形式またはプレーンテキスト形式のメールに追加されます。

組織内のユーザーがメッセージを組織内の他のユーザーに転送した場合、バナーは転送されたメッセージにもそのまま表示されます。

隔離のサマリー」メッセージなど、ソフォスから送信されるメッセージには、バナーは含まれません。

警告

エンドユーザーメッセージ設定をオンにして、Google メールサーバーを使用している場合、受信メッセージについて DMARC エラーが報告されることがあります。

これは、ゲートウェイの IP リストにある IP アドレスからのメッセージを、Google が一貫して処理しないことが原因である可能性があります。メールの設定および詳細を確認するには、ソフォスの IP アドレスのみに配信を制限する方法を参照してください。

エンドユーザーメッセージ設定の種類

バナーの種類は次のとおりです。

  • 信頼する: 緑色のバナー。送信者が許可リストに含まれており、DMARC に合格したことを示しています。

    緑色のエンドユーザーメッセージ設定の例。

  • 外部: 黄色のバナー。DNS チェックで、次のいずれか示されたことを意味します。

    • 送信者が許可リストにあり、メールは DMARC チェックに合格したが、「信頼する」バナーが無効になっている。
    • 送信者が許可リストにはなく、メールが DMARC 認証に合格しました。
    • 送信者が DNS に DMARC レコードを設定していないため、メールが DMARC チェックに合格したか失敗したかを評価できません。

    黄色のエンドユーザーメッセージ設定の例。

  • 信頼しない: オレンジ色のバナー。DMARC ポリシーが設定されているが、メールが DMARC チェックに失敗したことを示しています。

    オレンジ色のエンドユーザーメッセージ設定の例。

各種類のエンドユーザーメッセージ設定をオンまたはオフにすることができます。「メールセキュリティ > ポリシー」を参照し、ポリシーを選択して「設定」をクリックします。

バナーの設定と事前定義されたテキストを編集できます。これによって、各バナーに表示されるアクションを制御できます。

次のオプションから選択します。

  • 送信者の許可: 送信者のメールアドレスが許可リストに追加されます。
  • 送信者のブロック: 送信者のメールアドレスがブロックリストに追加されます。
  • ソフォスへのスパムメッセージの報告: この機能をオンにすると、ユーザーが送信者をブロックする際に、メッセージをスパムとして SophosLabs に報告することもできます。これは、ソフォスのスパム検出に役立てられます。

プレーンテキスト形式のメッセージの場合、次の動作が適用されます。

  • バナーは、設定した内容と同じ内容を使用して、メール本文の先頭にテキストとして表示されます。
  • バナーは、返信または転送されたメールに表示されたままになります。

エンドユーザーメッセージ設定のリンク

エンドユーザーメッセージ設定には、メール受信者がクリックできるリンクを含めることができます。リンクをクリックすると、送信者のアドレスを許可リストやブロックリストに追加します。

バナーで「送信者の許可」と「送信者のブロック」を設定し、受信者が許可リストとブロックリストを使用できるようにする場合は、「セルフサービスの設定」で「許可/ブロックリスト」もオンにする必要があります。

バナーに「送信者の許可」と「送信者のブロック」のリンクを表示するには、次の手順を実行します。

  1. マイプロダクト > 全般設定 > セルフサービスの設定」の順に選択します。
  2. 許可/ブロックリスト」をオンにします。
  3. 保存」をクリックします。

    受信メッセージを受信すると、バナー内のリンクが表示されます。

エンドユーザーメッセージ設定をオンにする前に、送信メールを Sophos Central 経由でルーティングすることを強く推奨します。外部受信者には、返信または転送されたメールにバナーが表示されます。

エンドユーザメッセージ設定でリンクを使用するには、発信メールを Sophos Central 経由でルーティングする必要があります。

メールはプレーンテキストのみであるため、通常は HTML エンドユーザーメッセージ設定で使用可能な「送信者の許可」と「送信者のブロック」のリンクを含めるオプションはありません。

SophosLabs へのスパムの報告

受信者がメッセージを SophosLabs に報告するオプションを設定することもできます。

これは、スパムやその他の悪意のあるメッセージをソフォスに報告する際の推奨方法です。ソフォスの検出方法を改善し、新たな脅威について学ぶために役立ちます。結果として、より優れた保護を提供できるようになります。

ソフォスへのスパムメッセージの報告」をオンにした場合、「送信者のブロック」を選択した後に、メッセージを SophosLabs に報告するオプションが表示されます。