コンテンツにスキップ
CLIおよびAPIガイドを含むローカル管理スイッチのマニュアルを開くには、ここをクリックしてください。

診断

レポートを生成し、スイッチのパフォーマンスに関する情報を表示できます。また、トラブルシューティングアクションを実行し、リモートアシスタンスをオンにして、ソフォスサポートがリモートでデバッグできるようにすることもできます。

Sophos Central を使用して、ローカルのスイッチ UI で次の診断レポートおよびトラブルシューティングツールにアクセスできます。

レポートは、新しいブラウザウィンドウのローカルスイッチの管理コンソールで開きます。Sophos Central からアクセスするスイッチと同じサブネット上にある必要があります。

  • リソース使用状況: 「モニター > リアルタイムメーター」でローカルスイッチ Web UI を開き 、現在のシステム CPU およびメモリ使用率を示す、リアルタイムのグラフ形式のレポートを表示します。
  • ポートの統計情報: 「モニター > 統計情報 > ポート」でローカルスイッチ Web UI を開き、各ポートの受信と送信のパケット数と TX および RX エラーを表示します。
  • MAC アドレステーブル: 「モニター > 動的 MAC アドレスモニター > 静的 MAC アドレス」でローカルスイッチの Web UI を開き 、MAC アドレステーブルを表示します。MAC アドレステーブルには、検出された各ポートおよび VLAN のデバイスに関する情報が表示されます。
  • PoE 電力の使用状況: ローカルスイッチ Web UI を開き、「モニター > ダッシュボード > PoE 電源設定」を参照します。ダッシュボードおよび「PoE ポートの設定」ページには、電流、電圧、消費電力に関するポートごとの詳細が表示されます。
  • ネットワーク診断: ローカルスイッチ Web UI を開き、「解析 > Ping テストの解析 > トレースルート」を参照します。pingtraceroute を使用して、スイッチの接続性とレイヤ 3 ルーティング機能をテストできます。
  • イベントログ: ローカルスイッチ Web UI を開き、「モニター > ローカル ログ モニター > ログテーブル」を参照します。ローカルログページを使用して、スイッチでローカルにログされるイベントを設定できます。ログの詳細は、ログテーブルに表示されます。

    特定のイベントをキャプチャするには、ログレベルを調整する必要がある場合があります。この機能は、トラブルシューティング時のみにオンにするようにしてください。

  • ケーブル診断: ローカルスイッチ Web UI を開き、「解析 > 診断ツール」を参照します。テストするケーブルに接続されているポートを選択し、「テスト」をクリックして、 選択したスイッチポートでケーブル診断テストを実行します。

  • SFP モジュール情報: 「モニター > SFP モジュール情報」でローカルスイッチの Web UI を開き 、接続されているファイバモジュールがスイッチに提供する機能と情報を表示します。
  • ローカルスイッチ管理を開く: ローカルスイッチの Web 管理コンソールを開きます。
  • リモートアシスタント: ソフォスサポートによるリモートアクセスを許可します。リモートアシスタンスをオンにするには、ドロップダウンリストから有効期間を選択し、「有効化」をクリックします。「無効化」をクリックして、リモートアシスタンスをオフにします。
  • スイッチのスナップショットの取得: スイッチのスナップショットを取得する一連のシステムコマンドを実行します。タスクキュー内のコマンドの出力を表示できます。ソフォスサポートから指示された場合にのみ使用することをお勧めします。
  • Sophos Central エージェントの再起動: スイッチ上の Sophos Central エージェントプロセスを再起動します。ソフォスサポートから指示された場合にのみ使用することをお勧めします。
  • コアファイルのクリア: ディスク領域を消費するプロセスクラッシュイベントから生成されたコアファイルをクリアします。ソフォスサポートから指示された場合にのみ使用することをお勧めします。

RAM ログ

RAM ログ」タブには、スイッチの RAM ログ内の最新のエントリが表示されます。RAM ログの内容は、スイッチの電源がオフになるか再起動すると削除されます。

ダウンロード」をクリックして、RAM ログをダウンロードします。

フラッシュログ

フラッシュログ」タブには 、スイッチからの最新のログエントリが表示されます。スイッチの電源がオフになっても、または再起動しても、フラッシュログの内容は削除されません。

ダウンロード」をクリックして、フラッシュログをダウンロードします。