コンテンツにスキップ

Linux ゴールドイメージの作成

ソフォスの保護ソフトウェアからゴールドイメージ (またはベースイメージ) を作成できます。対応している Linux OS で Sophos Protection for Linux を使用している場合、このプロセスは Linux 仮想マシンで対応しています。

Sophos Protection for Linux をインストール済みの仮想マシンからゴールドイメージをセットアップする場合は、その仮想マシンを登録解除する必要があります。MDR サービスをオンにしている場合は、MDR サービスも停止する必要があります。

ゴールドイメージから仮想マシンをクローンすると、仮想マシンは起動してネットワークに接続後、自動的に登録されます。

ゴールドイメージを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 必要に応じて、ゴールドイメージとして使用する仮想マシンをセットアップします。
  2. 次のコマンドを使用して、Sophos Central から登録解除します。

    <installationBase>/base/bin/registerCentral --deregister

  3. 次のコマンドを実行して、MDR サービスを停止します。

    <installationBase>/bin/wdctl stop mtr

  4. 仮想マシンをシャットダウンします。

イメージは、シャットダウンの状態で保存する必要があります。再登録されないようにするために、イメージは再起動しないでください。再起動してしまった場合は、この手順をもう一度やり直す必要があります。