仮想化環境プロテクション

Sophos for Virtual Environments では、Sophos Central から仮想マシン (VM) を一元的に保護・管理することができます。

仮想マシンの保護を設定するには次の操作を行います。

  • ホストに Sophos Security VM をインストールします。これにより、ホスト上のすべてのゲスト VM を集中的にスキャンできるようになります。
  • ゲスト VM に Sophos Guest VM Agent をインストールします。保護をする各ゲスト VM にインストールが必要です。このエージェントは、ゲスト VM と Sophos Security VM との間の通信機能のほか、脅威の自動クリーンアップ機能を提供します。

インストーラのダウンロード

デバイスの保護に進んでください。

使用を開始するには、まずは Sophos Security VM のインストーラをダウンロードします。後でエージェント用インストーラを入手するようメッセージが表示されます。

保護する環境に対応するインストーラを選びます。Hyper-VESXi のいずれか、またはその両方を選択できます。

スタートアップガイド」を参照することを推奨します。

これまで Sophos Enterprise ConsoleSophos for Virtual Environments を管理していた場合や、Sophos Anti-Virus for vShield から本製品への移行を行う場合は、スタートアップガイドの「Sophos for Virtual Environments への移行」を参照してください。

インストール後

ホストに Sophos Security VM をインストールすると、次の処理が実行されます。

  • Sophos Security VM のインスタンスが、Sophos Central の「サーバー」の一覧に追加されます。
  • Sophos Security VM に、サーバーポリシー (既定ではデフォルトポリシー) が適用されます。
  • 各ゲスト VM に Sophos Guest VM Agent をインストールし、接続されていることを確認する必要があります。