詳細条件の設定

ここにある手順に従って、カスタム CCL 用の詳細条件を設定できます。

これは、カスタム CCL の作成の一貫としてのみ実行できます。

このオプションを使用して、メールのデータ流出防止 (DLP) ポリシーを設定することはできません。詳細は、データ流出防止ポリシーを参照してください。

詳細設定」を選択して、詳細な一致条件を指定します。

  1. 基準スコア」を設定します。

    正規表現のマッチ回数がこの値を超えると、CCL が照合されます。

  2. 条件式」に Perl 5 正規表現を入力します。

    Perl 5 の正規表現について、詳細は Perl のドキュメントや、 Perl の構文 (英語) を参照してください。

  3. CCL 用の「スコア」を設定します。これは、正規表現に一致するたびに、コンテンツ コントロール リストの合計スコアに加算される数値です。
    スコア」は、「基準スコア」と一致する必要があります。 .
  4. 最大件数」を設定します。これは、合計スコアとして加算できる正規表現の最大一致件数です。

    たとえば、条件式の「スコア」が 5 で、「最大件数」が 2 の場合、最大 10 が CCL の合計スコアに追加されます。条件式が 3回検出された場合でも、合計スコアに 10 が加算されます。

  5. 追加」をクリックします。

    条件式を削除するには、「削除青いバツマーク をクリックします。

    条件式を編集するには、「編集青いペン をクリックします。編集が完了したら、「保存青いチェックマーク をクリックして保存します。

  6. 必要に応じて、さらに条件式を追加します。

条件式を追加すると、CCL の適用範囲が拡大します。

たとえば、データ流出防止で、条件式 A に 2回マッチした場合、または条件式 A に 1回マッチしてかつ条件式 B にも 1回マッチした場合、または条件式 B に 1回マッチしてかつ条件式 C にも 5回マッチした場合、CCL が照合されます。

条件式

スコア

最大件数

条件式 A

5

2

条件式 B

3

1

条件式 C

1

5

構文の詳細は、Perl の構文を参照してください。