Microsoft Azure 対応のサーバープロテクション

Azure の仮想マシンを作成する際に、Intercept X Advanced for Server で保護することができます。

保護するには、カスタム拡張スクリプトをダウンロードして使用します。

  1. デバイスの保護」に移動します。
  2. Microsoft Azure 対応のサーバープロテクション」を探します。
  3. VM 拡張スクリプトを取得する」をクリックします。そして、「スクリプトのダウンロード」をクリックします。

    スクリプトでインストーラを検出し、アクセスするには、API トークンが必要となります。トークンをお持ちでない場合は、ソフォスがお客様用のトークンを作成します。

  4. 新しい Azure VM にサーバープロテクションを導入する」をクリックします。カスタム拡張スクリプトの使用方法に関する記事のリンクが表示されます。
  5. 記事に記載されている手順に沿って新しい仮想マシンを展開します。