データ流出防止 (DLP) ルールの設定

DLP ルール用に、監視対象のファイル、ファイルの種類や転送先、および除外項目の条件を設定できます。

DLP ルールを作成済みである必要があります。

ファイル」ルールまたは「コンテンツ」ルールのどちらを作成するかによって、指定する条件は異なります。

このオプションを使用して、メールの DLP ポリシーを設定することはできません。詳細は、データ流出防止ポリシーを参照してください。
  1. ルールの条件を指定します。
    1. コンテンツルールの条件を設定するには、「ファイルに含まれるデータ」をクリックして、使用する CCL を選択します。

      CCL の一覧を検索できます。CCL は、「種類」「発生場所」(「SophosLabs」または「カスタム」を選択)、または「地域」で絞り込んで表示することができます。新しい CCL を作成することもできます。

    2. ファイルルールに対する条件を設定するには、ルールのファイル名や種類を指定します。
  2. 転送先」をクリックして、ルールで監視する転送先を設定します。

    転送先には、デバイス (例: USB フラッシュメモリなどのリムーバブル ストレージ デバイス) や、アプリケーション (例: インターネットブラウザおよびメールクライアント) があります。

  3. ルールの除外の詳細を設定します。
  4. 完了」をクリックしてルールを作成します。