データ流出防止 (DLP) ルールの作成

ここにある手順に従って、DLP を作成できます。

このオプションを使用して、メールのデータ流出防止 (DLP) ルールを作成することはできません。詳細は、データ流出防止ポリシーを参照してください。

DLP ルールの作成には、作成と設定の 2段階があります。

ここで説明するステップでは、ルールの種類、ルール違反時に実行するアクション、およびルール違反時に警告を受信するかどうかを設定します。

DLP ルールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > グローバル設定 > データ流出防止 (DLP) ルールの管理」を参照します。
  2. ルールの新規作成」をクリックします。
  3. 新規コンテンツルール」または「新規ファイルルール」から選択します。
  4. ルールの「名前」と「説明」を入力します。
  5. ルール違反時に通知を受ける場合は、「メール警告の受信」をクリックします。
    警告は、Sophos Central に表示されます。
  6. ファイル」ルールの場合は、ルールの一致条件として、ファイル名またはファイルの種類を選択できます。詳細は、ルールの設定時に指定できます。
    コンテンツ」ルールの場合、条件を指定する必要があります。条件の種類は設定できません。
  7. ファイル名またはファイルの種類でファイルを除外するかどうかを指定します。詳細は、ルールの設定時に指定できます。
  8. ルール違反時のアクションを選択します。次から選択します。
    • ファイル転送を許可
    • ユーザー確認後、ファイル転送を許可
    • 転送のブロック
  9. 次へ: ルールの設定」をクリックします。

    ルールの設定方法の詳細は、データ流出防止 (DLP) ルールの設定を参照してください。