アクセスポイント

すべてのワイヤレスアクセスポイントとその詳細を表示します。

ワイヤレス > アクセスポイント」を参照して、アクセスポイントを表示します。

ワイヤレス アクセス ポイント (WAP) は、無線対応のデバイスを有線ネットワークに接続するためのハードウェア機器です。Sophos Central でアクセスポイントを設定するには、アクセスポイントをインターネットに接続し、パッケージに記載されているシリアル番号を使用して、Sophos Central に登録する必要があります。

登録済みのアクセスポイントと次の項目が一覧に表示されます。

  • 名前: アクセスポイント名。
  • MAC: アクセスポイントの MAC アドレス。
  • シリアル番号: アクセスポイントのシリアル番号。
  • 内部 IP アドレス: アクセスポイントに割り当てられた内部 IP アドレス。
  • 機種: アクセスポイントの機種。
  • アクセスポイントの状態: オンライン、オフラインなど、アクセスポイントの状態。
  • 負荷: 接続されているデバイスがアクセスポイントに与える負荷。負荷は、メモリと CPU の使用率に基づいて計算されます。最大 60% のメモリ使用率、または最大 50% の CPU 使用率は緑色で表示されます。60% ~ 80% のメモリ使用率、または 50% ~ 80% の CPU 使用率は、黄色で表示されます。80% を超えるメモリまたは CPU 使用率は赤で表示されます。
  • 帯域: アクセスポイントで設定されている無線方式。
  • モード: 自動チャネル (AO)、動的チャネル (AC)、手動チャネル (M) など、チャネルの動作モード。
  • チャネル: 設定済みかつ動作中のチャネルを表示。設定済みチャネル (動作チャネル) として表示されます。設定済み DFS (Dynamic Frequency Selection) チャネルでレーダーが検出された場合は、異なる動作チャネルが使用されることがあリます。
  • ファームウェア: アクセスポイントにインストール済みのファームウェア。
  • アップタイム: アクセスポイントのアップタイムを表示。
  • メッシュのロール: メッシュネットワークのアクセスポイントのロールを表示。アクセスポイントのロールは、「ルート」または「メッシュ」のどちらかになります。ロールや、メッシュネットワークで使用されている無線方式、シリアル番号の末尾 4文字を確認できます。
すべてのインターネットサービスに対して、443番ポート (HTTPS)、80番ポート (HTTP)、123番ポート (NTP) を開く必要があります。開放されていない場合、アクセスポイントを接続できません。

アクセスポイントの国設定は、設定した国の法令に準拠しているチャネルのみ利用できるようにするものです。アクセスポイントの詳細は、アクセスポイントの取扱説明書を参照してください。

アクセスポイントの登録

アクセスポイントは、個別にまたは一括して登録することができます。

単一のアクセスポイントを登録することができます。これには、「ワイヤレス > アクセスポイント」をクリックし、「登録」をクリックして、シリアル番号を入力します。アクセスポイントは、「登録」を再度クリックした後、検証されます。

複数のアクセスポイントを登録するには、左端の列にシリアル番号を含む CSV ファイルが必要です。各行にそれぞれ 1つのシリアル番号が含まれるようにします。これには「ワイヤレス > アクセスポイント > 登録」をクリックし、「一括プロビジョニング」をクリックして、該当する CSV ファイルをアップロードします。アクセスポイントが検証されます。

その後、ホスト名を入力し、保存できます。登録が完了すると、アクセスポイントが一覧に表示されます。

CSV 形式で出力

すべてのアクセスポイントの詳細を CSV ファイルにエクスポートできます。これを行うには、「CSV 形式で出力」をクリックします。CSV ファイルは自動的にダウンロードされます。

LED の動作

表 1. APX シリーズの LED 表示

LED

消灯

アクセスポイントの電源が入っていない状態です。

緑色 (再起動中に点滅)

再起動中です。

クラウドから設定がブッシュ配信されています。

緑色 (点灯)

通常に作動しています。

設定はプッシュ配信されました。

赤色 (点灯)

イーサネットが接続されていません。

クラウドに接続できません。

ハードウェアのリセット中です (ハードウェアのリセットボタンが 15~20秒間押されました)。

黄色 (点灯 - APX 320 のみ)

再起動中です (ハードウェアのリセットボタンが 3~5秒間押されました)。

LED のステータス APX320X

LED の種類

状態

説明

状態

オフ

オフ

アクセスポイントの電源が入っていない、または再起動中の状態です。

緑色

点灯

通常に作動しています。

点滅

AP が起動してワイヤレスコントローラに接続しているか、設定が適用されています。

黄色

点灯

AP はワイヤレスコントローラに接続されていません。

点滅

AP はワイヤレスコントローラによって要求されていません。

赤色

点灯

エラー、ワイヤレスコントローラが見つかりません。AP は再起動します (コントローラによってまだ要求されていない場合)。

エラーが解消されない場合は、ネットワーク接続をチェックしてください。

ゆっくり点滅

設定のリセットが進行中です。

速く点滅

ファームウェアのアップデートが進行中です。

電源を切らないでください。

無線方式

緑色

点灯

AP は 2.4GHz と 5GHz の両方のモードで動作しています。

黄色

点灯

AP はデュアル 5GHz モードで動作しています。

赤色

点灯

AP はシングル無線モードで動作しています。2.4GHz または 5GHz のいずれかです。

メッシュネットワーク

オフ

オフ

メッシュが有効化されていません。

緑色

点灯

メッシュが有効化されました。

この機種は、規制上の制限の一覧にある国で展開されている場合のみ、2.4GHz または 5GHz (Radio-0 上) のいずれかをブロードキャストする単一の無線デバイスとして使用できます。もう 1つの無線 (Radio-1) は、このような規制上の制限により設定できません。また、イスラエルでは、すべての 5GHz チャネルの屋外使用が禁止されているため、2.4GHz チャネルしか使用できません。どちらの場合も、無線 LED の状態は赤です。