暗号化用 Sophos Outlook アドインのインストール

Sophos Outlook アドインを使用すれば、ユーザーは直接 Outlook からワンクリックでメッセージを暗号化できます。

アドインは、Outlook (Windows または macOS バージョン) および Outlook on the web (OWA) に対応しており、一部の Office 365 および Exchange 環境と互換性があります。

アドインを利用できる環境

アドインは、次の環境のメールアカウントで動作します。

  • Exchange Server 2013 以降 (オンプレミスの Exchange)。

    Exchange Server 2013 API バージョン 1.4 以前には対応していません。

  • Office 365 Business サブスクリプション (Exchange Online)。
Microsoft 以外のメールプロバイダ (Gmail や他の POP/IMAP アカウント) には対応していません。

互換性のあるメールクライアント

  • Outlook for Windows 2013 および Windows 2016。
  • Outlook for Mac 2016。
  • Outlook Web Access (Office 365 のみ)。

Windows 用アドインのダウンロード

Windows ユーザーは、MSI インストーラを使用する必要があります。インストーラをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > 設定 > 暗号化の設定」を参照します。
  2. Windows 用 Outlook アドインのダウンロード」リンクをクリックします。
  3. このファイルは、展開手順の実行時にアクセス可能な場所に保存します。

Mac または OWA 用アドインのダウンロード

macOS 環境では、アドインをダウンロードしてインストールする前に、暗号化をオンにするようにしてください。

暗号化のオン/オフを切り替えるには、「概要 > 設定 > 暗号化の設定」を開きます。

Mac/OWA ユーザーは、XML マニフェストファイルを使用する必要があります。これをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > 設定 > 暗号化の設定」を参照します。
  2. Web/Mac 用 Outlook アドインのダウンロード」リンクをクリックします。
  3. このファイルは、展開手順の実行時にアクセス可能な場所に保存します。

アドインの展開

アドインを展開するには、Microsoft のアドイン展開プロセスを使用します。Microsoft が提供する適切な手順やアドバイスは、ここで説明する各ステップにあるリンク先を参照してください。

続行する前に、アドインの展開に関する Microsoft 提供の最新情報を確認することを推奨します。ソフォスが提供する手順と Microsoft の手順が異なる場合は、Microsoft の手順を使用するようにしてください。

アドインを展開するには、次の手順を実行します。

  1. ユーザーがアドインをインストールできるかどうかをテストします。これを行うには、サイドローディングインストールの手順の手順に従います。

    サイドローディングは、概念実証 (POC) やテスト目的のみで推奨されます。これは、ユーザー向けにアドインをインストールするプロセスを指します。

  2. 「Office 365 一元展開」を使用する場合は、お使いの環境でアドインの一括インストールができるかどうかを確認してください。詳細は、アドインの一元展開が Office 365 組織で動作するかどうかを判断するを参照してください。
  3. アドインの一元的な展開を開始する準備ができたら、Office 365 管理センターの Office 365 アドインの展開を管理するの手順に従います。
  4. オンプレミス環境で Office 365 に接続していない場合は、Exchange 管理センターを使用して、組織にアドインをインストールします。詳細は、Exchange Server の Exchange 管理センターを参照してください。