スマートバナー

スマートバナー」をオンにすると、受信メールのメッセージ上部に、信頼されるメールかどうかを示すバナーが表示されます。

スマートバナーでは、異なる色とメッセージを使用して、メールが DNS チェックに合格したかどうかを示します。チェックには、DKIM、SPF、および DMARC が含まれます。

スマートバナーは、オンまたはオフにすることができます。また、各種類のスマートバナーをオンまたはオフにすることもできます。

スマートバナーは、組織外から受信したメールに表示されます。組織内のユーザーがメールを組織内の他のユーザーに転送した場合、バナーは転送されたメールにもそのまま表示されます。

隔離のサマリー」メールなど、ソフォスから送信されるメールには、バナーは含まれません。

Impersonation Protection」でも「スマートバナー」が使用されます。「スマートバナー」をオフにしても「Impersonation Protection」は機能しますが、メールにバナーを追加することはできません。

スマートバナー内のリンク

スマートバナーには、メール受信者がクリックできるリンクを含めることができます。リンクをクリックすることで、送信者のアドレスを許可リストやブロックリストに追加できます。

受信者が許可リストとブロックリストを使用できるようにするには、「グローバル設定 > セルフサービスの設定」を参照して、「許可/ブロックリスト」オプションをオンにします。

メッセージを SophosLabs に報告するオプションを受信者に提供して、ソフォスのスパム検出に役立てることもできます。これを有効にすると、ユーザーが 「送信者をブロック」をクリックすると、オプションが表示されます。

スマートバナーをオンにする前に、送信メールを Sophos Central 経由でルーティングすることを強く推奨します。そのように設定しないと、外部受信者への返信/転送メールにもバナーが表示されてしまいます。

スマートバナーにリンクを含める場合は、送信メールを Sophos Central 経由でルーティングする必要があります。

スマートバナーの種類

バナーの種類は次のとおりです。

  • 信頼する: 緑色のバナー。メール送信者が許可リストに含まれており、DMARC に合格したことを示しています。

    緑色のスマートバナーの例
  • 外部: 黄色のバナー。DNS チェックで、次のいずれか示されたことを意味します。
    • 送信者が許可リストになく、DNS チェックの 1つに正常に合格した。
    • 送信者が許可リストにあり、DNS チェックの 1つに失敗した。
    • 送信者が許可リストにあり、「信頼する」スマートバナーがオフになっている。

    黄色のスマートバナーの例
  • 信頼しない: オレンジ色のバナー。メール送信者が、「外部」または「信頼する」の条件に一致しなかったことを示します。

    オレンジ色のスマートバナーの例

各種類のスマートバナーをオンまたはオフにすることができます。「メールゲートウェイ > ポリシー」を参照し、ポリシーを選択して「設定」をクリックします。

各バナーの設定は編集できます。これによって、各バナーに表示されるアクションを制御できます。

次のオプションから選択します。

  • 送信者の許可: 送信者のメールアドレスが許可リストに追加されます。
  • 送信者のブロック: 送信者のメールアドレスがブロックリストに追加されます。
  • ソフォスへのスパムメッセージの報告: この機能をオンにすると、ユーザーが送信者をブロックする際に、メッセージをスパムとして SophosLabs に報告することもできます。これは、ソフォスのスパム検出に役立てられます。