エクスプロイトへの対処

ここでは、エクスプロイトが検知されたときの動作について説明します。

検出が誤検知であることがわかっている場合、誤検知への対処を参照してください。

エクスプロイトが検出されると、次の処理が実行されます。

  • エクスプロイトが停止されます。
  • ユーザーに通知を行います。
  • 脅威をクリーンアップするために検索が開始します。
  • 脅威ケースが生成されます。

管理者が行うべき対策

概要 > 脅威解析センター > 脅威ケース」を参照して、ケースの詳細を確認し、攻撃の感染元や感染方法、および影響を受けたプロセスやファイルを特定します。

ときにはユーザーが、攻撃者にアクセス権を与えるアプリケーションをダウンロードしていたり、承認していたりすることもあります。このような事態を避けるためには、セーフブラウジングに関するユーザー教育を実施してください。