ライセンス

ソフォスのライセンスは、Sophos Central Admin からアクティベートし、管理します。

画面右上のアカウント名をクリックして「ライセンス」を選択します。

ライセンスと使用状況の表示

登録済みのライセンスとの一覧と、各ライセンスに関する次の情報が表示されます。

  • ライセンス。購入したライセンス名。
  • 種類。購入済みライセンスの種類 (「正規版」ライセンスなど)。
  • 使用数。各ライセンスを使用しているユーザーやサーバーの数。
    エンドユーザーライセンスおよびモバイルライセンスの場合、この数字には、少なくとも 1台のデバイスが関連付けされているユーザーの数のみが含まれます。まだユーザーに関連付けされていない保護対象デバイスの数も含まれます。
    エンドユーザーライセンスおよびサーバーライセンスの場合、この数字には、保護対象の仮想マシン (VM) の数も含まれます。アイコンの上にマウスを持っていくと、ユーザー (またはサーバー) と VM の割合が表示されます。
    モバイルライセンス (Mobile Standard、Mobile Advanced、Intercept X for Mobile) の場合、この数字には、過去 30日間に Sophos Central と通信したデバイスのみが含まれます。
  • 制限。このライセンスを使用できるユーザーやサーバーの最大数。最大数の値は、サブスクリプションの内容によって異なります。

    エンタープライズ マスター ライセンスを使用している場合は、このオプションは表示されません。ライセンスはエンタープライズ管理者によって管理されます。

  • 失効日。ライセンスが利用できなくなる日。
  • ライセンス番号。ライセンス番号。

Firewall Reporting ライセンスの場合は、「管理」をクリックしてライセンス単位を各ファイアウォールに割り当ててください。

ライセンスのないソフトウェアまたは機能を使用すると、「試用版」ライセンスが自動生成されます。たとえば、Intercept X Essentials for Server ライセンスを持っているが、Intercept X Advanced for Server 機能を使用している場合、購入済みの Intercept X Essentials for Server ライセンスと試用版の Intercept X Advanced for Server ライセンスの両方が表示されます。またソフォスは、フルライセンスが期限切れになった場合に、一時的なライセンスの延長のために試用版ライセンスを生成することもあります。試用版ライセンスは 30日間有効です。その後、フルライセンスを購入するか、ソフトウェアまたは機能の使用を停止する必要があります。詳細は、試用版ライセンスのバナーを参照してください。

ライセンスキーの適用またはアクティベーションコードの適用

新規ライセンスやアップグレードしたライセンスをここでアクティベートできます。ソフォスから送信されたライセンスの別表 (License Schedule) に表示されているライセンスキーを使用します。詳細は、ライセンスのアクティベートを参照してください。

購入についてパートナーに問合せ

ソフォスパートナーの連絡先情報を表示するには、「購入についてパートナーに問合せ」をクリックします。

エンドユーザー使用許諾契約書の表示

このリンクをクリックすると、ソフォス エンドユーザー使用許諾契約書が別のウィンドウで表示されます。印刷するには、「Ctrl+P」を押します。