テンプレート

使用するキャンペーンの種類を選択することができます。

Sophos Phish Threat には、よく使われるタイプの攻撃テンプレートが用意されています。攻撃テンプレートには、メール、トップページやトレーニングモジュールなどがあります。これらのテンプレートは、組織内で展開する前にカスタマイズすることが可能です。詳細は、カスタマイズを参照してください。

次のテンプレートの種類を選択することができます。

  • フィッシング: ユーザーに対してフィッシング攻撃をシミュレートします。ユーザーにメール内のリンクをクリックさせようとします。
  • 認証情報の取得: ログイン ID とパスワードを取得しようとする攻撃をシミュレートします。ユーザーに偽りの Web サイトに認証情報を入力させようとします。入力したパスワードは収集されません。
  • 添付ファイル: 悪意のある添付ファイルを介してシステムに侵入しようとする攻撃をシミュレートします。ユーザーにメールの添付ファイルを開かせようとします。
  • トレーニング: 疑似攻撃なしで、従業員向けのフィッシング対策トレーニングを実施できます。

キャンペーンで使用する言語も選択できます。

攻撃の選択」で攻撃タイプを選択後、複数の難易度レベルから選択できます。