Cloud Optix

Sophos Cloud Optix は、AI (人工知能) テクノロジーを活用し、パブリッククラウド環境のセキュリティとコンプライアンスの強化を実現するプラットフォームです。

Sophos Cloud Optix では次の事柄が実行されます。

  • クラウド内のサーバー、ストレージ、ネットワーク要素のリアルタイムのインベントリを提供します。
  • リソースの管理、セキュリティの監視、コンプライアンス基準の遵守を使いやすい 1つのインターフェースで支援します。

初期設定

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP) などのクラウド環境を Sophos Cloud Optix に追加して、クラウドリソース、ネットワークトラフィック、潜在的な脅威を表示できます。このサービスは、クラウド環境への読み取りアクセスのみを必要とします。

Sophos Cloud Optix ヘルプを参照して、次の操作方法を確認してください。

Sophos Cloud Optix ヘルプ (英語)も参照してください。

Sophos Cloud Optix のライセンスバージョン

次の 2種類のバージョンの Sophos Cloud Optix から選択できます。

  • Sophos Cloud Optix Advanced: フルバージョンの製品。

    マイ プロダクト」で、評価の開始およびこのバージョンへのアクセスを実施できます。ライセンスは、Sophos Central Admin で管理されます。

  • Sophos Cloud Optix Standard: フルバージョンの製品のサブセット。

    このバージョンは、期間の決まっている Intercept X Advanced for Server のライセンスに含まれています。

各ライセンスで使用可能な機能などの詳細については、Sophos Cloud Optix ライセンスの比較を参照してください。一般的な製品情報は、Sophos Web サイトを参照してください。詳細は、Sophos Cloud Optix 製品情報を参照してください。

Sophos Cloud Optix と Sophos XDR

制約事項 このバージョンのヘルプが公開された時点では、この機能はリリースされていない可能性があります。

Sophos Cloud Optix は、Sophos Extended Detection and Response (XDR) と統合されています。

Sophos は、AWS CloudTrail ログなどのアクティビティログを Sophos Cloud Optix から Data Lake にアップロードできます。その後、「脅威解析センター」で Live Discover クエリを実行して、クラウド環境にある疑わしいアクティビティを検出できます。

詳細は、Sophos Cloud Optix with XDR の使用を参照してください。

Sophos Cloud Optix サービスは、米国でホストされています。その他の国の顧客は、米国でホストされているサービスを購入して使用できます。このサービスは現在、キューバ、イラン、北朝鮮、ロシア、南スーダン、スーダン、シリア、ウクライナ、ベネズエラからは提供されていません。