Synchronized Security

Synchronized Security は、送信メールを監視し、スパムとして分類されるメールやウイルスを含むメールが、10分間にメールボックスから 5件以上送信されるとアクションを実行します。

Synchronized Security は、Sophos Endpoint ライセンスおよび Sophos Email ライセンスがある場合のみに使用できます。

Synchronized Security は、「概要 > グローバル設定 > Synchronized Security」で有効または無効に設定できます。

ブロックは次のようにして実行されます。

  1. 送信元メールボックスが表示されます。
  2. メールボックスの所有者と、その所有者に割り当てられているデバイスが表示されます。
  3. メールボックスからのメール送信が、1時間ブロックされます。1時間後、メールボックスのブロックが自動的に解除されます。それより前にブロックを解除することはできません。

    ロックアウトの時間は、毎回ブロックが開始されるたびに増加します。メールボックスがブロックされる時間は、スパムスコアがしきい値に達するたびに倍増します。既に実行中のブロックが終了してから次のブロックがはじまります。一定の時間が指定されたこのようなブロックを削除することはできず、終了するまで待つ必要があります。

    6回ブロックされると、メールボックスは完全にブロックされ、ブロックされたメールボックスからメールを送信することができなくなります。完全にブロックされたメールボックスのブロックを解除する場合は、ソフォスのサポートにお問い合わせください。詳細は、ソフォスサポートを参照してください。

  4. Sophos Anti-Virus は、メールボックスに関連付けられているデバイスでオンデマンド検索を実行します。
  5. 送信者がブロックされたことを通知する警告が管理者に送信されます。
  6. イベントレポートが更新され、メールボックスがブロックされたことが表示されます。
Synchronized Security を無効にした場合、エンドポイントの検索のみが無効になります。外部に送信されるスパム/ウイルスメールの送信元のブロックは解除されません。