タンパープロテクション

保護対象のサーバーやユーザーのコンピュータすべてに対して、タンパープロテクションをオン/オフにできます。

概要 > グローバル設定 > タンパープロテクション」を参照します。

タンパープロテクションが有効になっている場合、ローカル管理者は、次のような設定をコンピュータで変更できません。適切なパスワードが必要になります。

  • オンアクセス検索、疑わしい動作の検知 (HIPS)、Web Protection、または Sophos Live Protection に関する設定の変更。
  • タンパー プロテクションの無効化。
  • ソフォスのエージェントソフトウェアのアンインストール。

特定のデバイスのタンパープロテクションの管理

デバイスやサーバーのタンパープロテクションの設定は、個別に変更することができます。

デバイスの詳細ページを開き、「タンパープロテクション」を参照します。次のことができます。

  • パスワードの表示。
  • 新しいパスワードの生成。
  • デバイスのタンパープロテクションを一時的に無効化。

タンパープロテクションのパスワードの復旧

コンソールから削除したデバイスのタンパープロテクションのパスワードを復旧することができます。

この操作は、削除したデバイスからソフォスのソフトウェアをアンインストールする場合などに必要です。

タンパープロテクションのパスワードは、デバイスを削除後、90日間保存されます。