デバイス

接続されているデバイスに関する情報を表示します。

ワイヤレス > デバイス」を参照して、接続されているデバイスを表示します。

接続されているデバイスは、名前、MAC アドレス、IP アドレス、ユーザー名、ベンダー、アクセスポイント、SSID、Security Heartbeat、接続速度、帯域などの情報とともに一覧表示されます。

Security Heartbeat は、セキュリティ状態に基づいて各デバイスを分類します。デバイスは、適宜、Sophos Endpoint Protection または Sophos Mobile によって保護されます。管理者は、デバイスを管理するためのルールを設定できます。ルール違反があると、該当するソフトウェアは脅威を報告し、それはデバイスのセキュリティ状態の表示にも反映されます。

次の認証タイプを使用してサインインしたすべてのクライアントのユーザー名が表示されます。

  • 暗号化モード - WPA2 エンタープライズ。
  • キャプティブポータル - バックエンド認証。
  • キャプティブポータル - ソーシャルログイン認証。

また、名前、MAC アドレス、IP アドレス、ベンダーの詳細などから、特定のデバイスを検索することもできます。

デバイスリストをエクスポートするには、「CSV 形式で出力」をクリックします。

デバイスは、「オンライン」、「オフライン」、「オンラインとオフライン」のいずれかを選択してフィルタリング表示できます。

クライアントにリスクあり: アクティブなマルウェアまたはランサムウェアが検出されたことを示します。これにより、すべてのインターネットトラフィックがブロックされ、セキュアな閲覧環境 (ウォールドガーデンまたは安全な URL のリスト) からのトラフィックのみが許可されます。

エンドポイントやモバイルデバイスが赤色 (リスク - 高) の場合、ウォールドガーデンを表示するには、ブラウザを 2度更新する必要があります。また、ここから Sophos Anti-Virus をダウンロードまたはアップデートすることもできます。

Security Heartbeat™ なし: 一覧にあるデバイスに Sophos Endpoint または Sophos Mobile Control がインストールされていないことを示します。

Security Heartbeat で、各デバイスは次のカテゴリに基づいて表示されます。

クライアントにリスクの可能性あり: 不要と思われるアプリケーション (PUA) または非アクティブなマルウェアが検出されたことを示します。すべてのトラフィックが許可されます。

クライアント保護済み: エンドポイントが正常に動作しており、すべてのトラフィックが許可されていることを示します。

Security Heartbeat™ 欠落: (エンドポイントの場合のみ) デバイスは接続されているものの、エンドポイントから 90秒間ハートビートが送信されていないことを示します。

デバイスの詳細

デバイスをクリックして、詳細を表示できます。

  • 詳細: MAC アドレス、現在のアクセスポイント、現在のサイト、現在のネットワーク、シグナル強度、帯域、状態、ホスト名、IP アドレス、およびベンダーの詳細が表示されます。
  • 使用状況の詳細: デバイスの外部トラフィック、およびトラフィックの合計量が表示されます。
  • シグナル強度: 一定期間内のシグナルの強度が表示されます。
  • 接続: 一定期間内のシグナルの接続の詳細が表示されます。