サイト

アクセスポイントの管理がしやすくなるよう、サイトを指定します。

各サイト用に複数の構成図を作成して、アクセスポイントの取り付けに最適な場所を確認したり、アクセスポイントの設置場所の概要を表示したりします。

ワイヤレス > サイト」を参照して、位置を設定します。詳細は、サイトの作成を参照してください。

周辺のネットワーク

周辺のネットワーク」タブには、選択したサイトのアクセスポイントの範囲内にあるすべてのネットワークが表示されます。なお、Sophos Central を通じて提供されないネットワークも表示されます。ネットワークをスキャンした後、「すべて」、「不正」、「信頼する」、「信頼しない」、「高度な偽装」、「Evil Twin (悪魔の双子)」、「BSSID 偽装」、「SSID 偽装」、「アドホック」で絞り込み表示できます。以下のオプションを使用します。

スキャン: アクセスポイントで対応しているチャネルにある、オンラインのネットワークすべてをスキャンできます。スキャンの実行中、ネットワークに接続しているデバイスでは、3~5分間、ネットワークの中断が発生します。

分類を選択してください: ネットワークをスキャンした後、分類を定義したり、「不正」、「信頼する」、「信頼しない」、「高度な偽装」、「Evil Twin (悪魔の双子)」、「BSSID 偽装」、「SSID 偽装」、「アドホック」のいずれかに分類することができます。

カスタム分類の消去: カスタム分類を消去したり、元に戻したりできます。

周辺の SSID は、次の表のカテゴリに基づいて分類されます。

信頼する

アカウントに関連付けられているネットワーク。

信頼しない

アカウントに関連付けられていないネットワーク。

不正

社内のセキュアなアクセスポイントの有線ネットワークに接続している信頼しないネットワーク。

SSID 偽装

社内アクセスポイントのネットワーク名をかたるネットワーク。

BSSID 偽装

社内アクセスポイントのハードウェアアドレスをかたるネットワーク。

Evil Twin (悪魔の双子)

社内アクセスポイントのネットワーク名とハードウェアアドレスをかたるネットワーク。

高度な偽装

社内アクセスポイントのネットワーク名と一意の保護コードをかたるネットワーク。

アドホック

ピアツーピア ネットワーク。

各アクセスポイントは、起動時に付近の SSID を一度検索します。たとえば、アクセスポイントを再起動したときや、ファームウェアの更新をインストールしたときなどです。バックグラウンドチャネルの動的選択を有効にすると、アクセスポイントは定期的に付近の SSID を検索するようになります。

周辺の SSID を表示するには、「ワイヤレス > 設定」で「不正アクセスポイントの検出」をオンにする必要があります。

構成図

構内図を使用してアクセスポイントの詳細な位置を設定します。構内図は、画像ファイル (PDF、PNG、JPEG、BMP、GIF、WBMP) としてアップロードし、アクセスポイントの位置を設定します。詳細は、構内図の作成を参照してください。