コンテンツ コントロール リスト

コンテンツ コントロール リスト (CCL) では、1種類のデータタイプ (住所や社会保障番号など) や、数種類のデータタイプの組み合わせ (「confidential」という用語の近くにあるプロジェクト名など) を指定できます。

これによって、保護するデータの定義が作成されます。CCL をデータ流出防止ルールで使用して、該当するデータの処理を制御できます。

データ流出防止ポリシーは、SophosLabs (ソフォスラボ) が作成・管理する機密データの定義ライブラリを利用することで、迅速に定義・ロールアウトできます。SophosLabs が提供する CCL は一般的な財務および個人識別可能なデータの種類 (例: クレジットカード番号、社会保障番号、住所またはメールアドレス) について専門的な定義を提供します。お客様自身で SophosLabs の CCL を編集することはできません。変更を加える必要がある場合は、ソフォスまでご連絡ください。

SophosLabs CCL をそのままルールで使用することはもちろん、独自の CCL を作成することもできます。CCL の作成方法の詳細は、カスタム コンテンツ コントロール リストの作成を参照してください。

CCL は絞り込んで表示できます。

CCL の一覧で検索することもできます。

CCL の詳細を表示するには、「情報情報アイコン をクリックします。

各カスタム CCL に対して、次の操作も実行できます。

  • CCL 名をクリックすると、編集できます。
  • CCL を複製するには、「複製複製アイコン をクリックします。複製した CCL の名前を入力して、「項目の複製」をクリックします。複製された CCL が一覧に追加されます。名前をクリックして、編集できます。
  • CCL を削除するには、「削除バツマーク。削除するには、これをクリックします。 をクリックします。「項目の削除」をクリックして削除を確定します。

CCL をインポートすることもできます。

  1. インポート」をクリックします。
  2. CCL を含む XML ファイルを選択します。
  3. 開く」をクリックします。

    CCL は、CCL の一覧に追加されます。