デバイスの隔離」の除外 (Windows)

隔離したデバイスに対して、制限付きで他のデバイスとの通信を許可できます。

隔離したデバイスに、送信、受信、またはその両方の通信を許可するかどうかを指定できます。

次の設定を使用して通信を制限してください。

  • ローカルポート: すべてのデバイスは、ここで指定する隔離したデバイス上のポートを使用できます。
  • リモートポート: 隔離したデバイスは、ここで指定するすべてのデバイス上のポートを使用できます。
  • リモートアドレス: 隔離したデバイスは、ここで指定する IP アドレスを持つデバイスのみと通信できます。

例 1

隔離したデバイスにリモートデスクトップで接続して、トラブルシューティングを行う場合。

  • 方向」で、「受信接続」を選択します。
  • ローカルポート」で、ポート番号を入力します。

例 2

隔離したデバイスからサーバーにアクセスして、クリーンアップツールをダウンロードする場合。

  • 方向」で、「送信接続」を選択します。
  • リモートアドレス」で、サーバーのアドレスを入力します。