ユーザーを手動で追加

ユーザーを個別に追加して保護できます。この場合、ユーザー自身がデバイスを保護することも可能です。

ユーザーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 概要 > ユーザーとグループ > ユーザー」を参照します。
  2. 追加」をクリックして、「ユーザーの追加」を選択します。
  3. ユーザーの追加」ダイアログで、次の設定を入力します。
    オプション説明

    姓名

    ユーザーの名前を入力します。ドメイン名は含めないでください。

    ロール

    ユーザーの管理者ロールを選択します。

    管理者ロールを付与したユーザーには、管理者アカウントの設定方法が記載されているメールが届きます。

    ロール」オプションの表示や管理者ロールの付与を行えるのは、「スーパー管理者」のみです。

    ユーザー」ロールが割り当てられているユーザーは、Self Service Portal のみにアクセスできます。

    メールアドレス

    ユーザーのメールアドレスを入力します。

    グループへの追加 (任意):

    利用可能なユーザーグループのいずれかを選択し、矢印ボタンを押して選択済みグループに移動します。

    検索ボックスで名前を入力すると、グループがフィルタ表示されます。

    セットアップリンクのメール送信

    これは、自身のデバイスを保護するためのリンクを含むメールをユーザーに送信する場合に選択します。お持ちのライセンスに複数の保護機能が含まれている場合は、ユーザーが必要とする保護機能を選択してください。

    コンピュータを保護するには、ユーザーは、管理者権限とインターネットアクセスが必要です。

    Web ゲートウェイ

    これは、エンドポイントプロテクションよりも高度な Web セキュリティをコンピュータに提供します。この機能は、エンドポイントプロテクションと一緒にインストールすることも、単体でインストールすることもできます。

  4. 保存」または「保存して次を追加」をクリックします。
    これで、新規ユーザーがユーザーの一覧に追加されました。

ユーザーがソフトウェアをダウンロードしてインストールすると、ユーザーのデバイスはユーザーと自動的に関連付けされます。