配信後の保護」の設定

ここでは、Microsoft Office 365 テナントを接続して、「自動検索と無効化」をオンにする方法について説明します。

制約事項 この機能は、アーリー アクセス プログラムに参加している場合のみに利用できます。

続行するには、Microsoft Office 365 テナントが Sophos Central に接続されている必要があります。これは「ドメイン設定/状態」で実行します。

自動検索と無効化」を使用するには、まず、Microsoft テナントへのアクセス権限を、Sophosのアプリケーションに与える必要があります。自動検索と無効化は、デフォルトでオフになっています。

制約事項 Microsoft Office 365 テナントへの接続を設定するには、スーパー管理者である必要があります。「O365 セキュリティを今すぐ設定する」をクリックできない場合は、必要な権限がないことを意味します。

ドメインを設定するには、次の手順を実行します。

  1. メールゲートウェイのダッシュボード > O365 セキュリティを今すぐ設定する」をクリックします。
    Microsoft Office 365 テナントを含むドメインのリストが、「ドメイン設定/状態」に表示されます。
  2. O365 接続」で、接続するドメインに対して「接続」をクリックします。
    Microsoft の「要求されているアクセス許可」ポップアップがいくつか表示されます。通常、Sophos マスターアプリケーション用と API アクセス用に 2つ表示されます。既にパーミッションが許可されている場合は、Microsoft ポップアップが 1つしか表示されないこともあります。
  3. ポップアップをよく読み、同意してください。

    これにより、Sophos が Microsoft Office 365 テナントにアクセスできるようになります。

    Microsoft Office 365 テナントに接続できない場合は、次のいずれかのエラーメッセージが表示されることがあります。

    • セッションの確立に失敗しました:セッションがタイムアウトしました。
    • 接続を作成できませんでした: API アクセスの同意が付与されませんでした。
    • 接続を作成できませんでした:データアクセスの同意が付与されませんでした。
    • 接続を作成できませんでした: Sophos Email のドメインが Microsoft Office 365 テナントのドメインと一致しません。
    • 接続を作成できませんでした: (理由が指定されていません)。

    問題を解決してから、再度接続してください。

    制約事項 これらの権限を付与しないと、自動検索と無効化 は機能しません。
    権限が付与されると、「ドメイン設定/状態」が表示され、テナントがリストに表示されます。
  4. O365 セキュリティの設定」をクリックします。
  5. 自動検索と無効化」をオンにします。
  6. 悪意のある URL を含むメールを削除」および「マルウェアを含むメールを削除」をオンにします。
  7. 保存」をクリックします。
    ドメイン設定/状態」が表示されます。

これで、ユーザーの Microsoft Office 365 受信トレイがスキャンされ、悪意のあるメールは隔離されるようになります。悪意のあるメールは、「隔離されたメッセージ > 配信後の隔離エリア」で表示、削除、およびリリースできます。

レポートは、「メールゲートウェイのダッシュボード > ログとレポート > 配信後のサマリー」にあります。