管理者への Live Response へのアクセスの許可

管理者に Live Response へのアクセスを許可するには、管理者ロールを使用できます。

スーパー管理者は、Live Response の設定を管理し、Live Response セッションを開始する権限を常に持っています。

他の管理者にこれらの権限を付与する場合は、次のようにして新しいカスタムロールを作成します。

  1. 概要 > グローバル設定」を参照します。「管理」で、「ロール管理」をクリックします。

    「グローバル設定」ページのスクリーンショット

  2. ロール管理」ページで「ロールの追加」をクリックします。

    「ロール管理」ページのスクリーンショット

  3. ロールの追加」画面で次の手順を実行します。
    • 新しいロールに名前を付けます (例: Live Response 管理者)。
    • 製品のリストで、「エンドポイントプロテクション」や「サーバープロテクション」に対して、「フルアクセス」または「ヘルプデスク」アクセスを指定します。

    ヘルプデスク」アクセスを選択した場合、ロールに Live Response セッションを実行する権限は付与されますが、製品設定を管理する権限は付与されません。

    「ロールの追加」ダイアログのスクリーンショット

  4. 下にスクロールして「Sophos Central Admin の追加設定」を表示し、必要に応じて各機能を選択します。コンピュータとサーバーの両方に対して同じ機能を選択できます。
    • コンピュータで Live Response セッションを開始する。管理者は、Live Response を使用してコンピュータに接続し、調査を行うことができます。
    • コンピュータの Live Response 設定を管理する。管理者は、Live Response をオンまたはオフにしたり、Live Response が接続できるコンピュータを選択したりできます。

    「追加設定」のスクリーンショット

  5. ロール管理」ページで、新しいロールをクリックして詳細を開き、管理者に割り当てます。

    管理者ロールのリストのスクリーンショット

  6. ロールのメンバー」の横にある「編集」をクリックし、この新しいロールを割り当てる管理者を選択します。

    「ロールの詳細」ページのスクリーンショット