安全にファイルを共有するためにファイルをパスワード保護する方法

これは、「デバイス暗号化」ポリシーでオンにできます。

この機能は、Central Device Encryption 2.0 以降のみで使用できます。この機能は、Windows のみに対応しています。

最大 50MB のファイルを保護できます。

コンテキストメニューを有効にする: このオプションをオンにすると、右クリックメニューに「ファイルのパスワード保護」オプションが表示されるようになります。ユーザーは、社外に機密情報を送信する際に、ファイルをパスワードで保護してメールに添付することができます。ファイルは、コンテンツが暗号化された新しい HTML ファイルにラップされます。

受信者は、このファイルをダブルクリックしてパスワードを入力することで、ファイルを開くことができます。受信者は、同じパスワードや新しいパスワードを使用して受信したファイルを保護して返送するか、またはパスワード保護されたファイルを新たに作成できます。

Outlook アドインを有効にする: このオプションをオンにすると、メールの添付ファイルの暗号化機能が Outlook に追加されます。ユーザーは、Outlook のリボンにある「添付ファイルの保護」を選択することにより、添付ファイルを保護することができます。平文の添付ファイルはすべて、コンテンツが暗号化された新しい HTML 形式の添付ファイルにラップされたうえで、メール送信されます。

添付ファイルの処理について、常にユーザーに確認する: このオプションをオンにすると、メッセージにファイルが添付されているときは、ユーザーは必ず、添付ファイルの送信方法を選択する必要があります。ユーザーは、ファイルをパスワードで保護して送信することも、平文のまま送信することもできます。

社内ドメインなど、「添付ファイルの処理について、常にユーザーに確認する」オプションの適用対象から除外するドメインを入力できます。送信先がそういったドメインの場合、添付ファイルの処理方法を確認するメッセージは表示されません。

完全ドメイン名のみを入力し、複数指定する場合は、コンマで区切ってください。