暗号化方式およびレポート

ボリュームは、ソフトウェアベースまたはハードウェアベースで暗号化することができます。

デバイス暗号化では、ハードウェアベースの暗号化がサポートされているドライブであっても、新しいボリュームに対しては、常にソフトウェアベースの暗号化が用いられます。

ドライブが既にハードウェアベースの暗号化で暗号化されている場合、ドライブは変更されません。

BitLocker グループポリシーの設定で、ハードウェアベースの暗号化が義務付けられている場合、その設定は変更されません。

コンピュータ」ページで、暗号化方式や暗号化されていないコンピュータなど、暗号化状態に応じてコンピュータをフィルタリングできます。

コンピュータの詳細ページには、ボリュームに対して使用される暗号化方式とアルゴリズムが表示されます。

Windows コンピュータの場合は、「暗号化の実行日」も表示されます。表示される情報は、デバイスによって異なります。

  • Sophos Central Device Encryption で既に暗号化されているコンピュータの場合、Sophos Central Device Encryption バージョン 2.1 にアップグレードされた日時が表示されます。
  • 別の暗号化製品を使用して暗号化されたコンピュータの場合、Sophos Central Device Encryption がインストールされた日時が表示されます。
  • Sophos Central Encryption 2.1 以降で暗号化された新しいコンピュータの場合、暗号化された日時が表示されます。

暗号化の状態」レポートには、コンピュータの暗号化状態が表示されます。

暗号化されているコンピュータ、暗号化されているボリュームの種類、および暗号化ポリシーに準拠しているコンピュータを確認できます。また、コンピュータの認証方法や暗号化方式も確認できます。