セルフサービスポータルを使用した復旧鍵の取得

BitLocker の PIN や macOS のパスワードを忘れるなどして、ユーザーがコンピュータにログオンできない場合、Sophos Self Service Portal を使用して、ユーザー自身で復旧鍵を取得することができます。

ユーザーは、この復旧鍵を使用してコンピュータに再度アクセスできます。

セルフサービスポータルを使用した復旧をユーザーに許可するには、「Sophos Central > ユーザーとグループ > ユーザー」を開き、ユーザーを選択して (複数可)、「セットアップリンクのメール送信」ボタンをクリックします。ダイアログが表示されるので、「Sophos Central Self Service - ようこそ/セットアップ メール」を選択して、アクティベーションのリンクが記載されたメールをユーザーに送信します。ユーザーはメールに記載されている手順に従い、Sophos Self Service Portal を使用してコンピュータへのアクセスを復旧します。

ユーザー側で必要な操作は次のとおりです。

  1. 別のコンピュータから Sophos Self Service Portal にログオンします。
  2. デバイス暗号化」ページを開きます。
    ユーザーが最終ログオンユーザーであるコンピュータの一覧が表示されます。この後に、別のユーザーが復旧するコンピュータにログオンした場合は、セルフサービスポータルを使用してコンピュータへのアクセスを復旧することはできません。
  3. 一覧からコンピュータを選択して、「復旧鍵」カラムの「取得」ボタンをクリックします。
    復旧鍵がダイアログに表示されます。
  4. 復旧するコンピュータを起動し、復旧ページを開きます。
    • Windows: 「Esc」キーを押して、BitLocker の復旧画面に切り替えます。
    • Mac: 「パスワード」フィールドの疑問符のアイコンをクリックし、FileVault の復旧ページを開きます。
  5. 復旧鍵を入力します。

これで、ユーザーはコンピュータにアクセスできるようになります。