メール警告の設定

管理者とそのサブ管理サイトがメール警告を受信する方法を管理できます。.

この設定は、管理下の Sophos Central Admin アカウントのみに対して行うことができます。サブ管理サイトで管理されるアカウントのメール警告を管理することはできません。

メール警告を管理する場合は、「エンタープライズコントロール」をクリックします。

サブ管理サイトがサイト内でメール警告を管理する場合は、「エンタープライズコントロール」を無効に戻すことができます。この設定を行うには、「エンタープライズコントロール」をクリックします。これによって、サブ管理サイトが以前指定していた設定も復元されます。

次の操作を行うことができます。

  • メール警告を受信する管理者を管理する。
  • メール警告の送信先配布リストまたは送信先メールアドレスを追加する。
  • メール警告の受信頻度を管理する。
  • 管理者が受信する警告の種類をカスタムルールで指定する。
  • サブ管理サイトのアカウントで、警告の種類別に設定されている除外を編集する。
制約事項 メール警告を管理するには、エンタープライズスーパー管理者の権限が必要です。

管理者

管理者管理者」リストでは、メール警告のデフォルト受信者を確認できます。

リストには、各管理者の名前、メールアドレス、および管理者ロールが表示されます。

警告を受信する管理者を選択することができます。選択するには、管理者の詳細で「はい」または「いいえ」を選択します。

配布リスト

警告の送信先配布リストまたは送信先メールアドレスを管理することができます。

このオプションを使用して、配布リスト、チケットシステム、または警告を通知するユーザー (Sophos Central Enterprise にアクセスできないユーザー) のメールアドレスを追加します。

ユーザーに Sophos Central Enterprise へのアクセスを提供するには、そのユーザーを管理者として追加してください。

  • メールアドレスの追加」を選択します。メールアドレスと説明を入力し、「保存」を選択します。
  • メールアドレスを削除するには、メールアドレスを選択して「削除」を選択します。

頻度

管理者がメール警告を受信する頻度を管理することができます。

次のいずれかに基づいて頻度を設定できます。

  • 警告の重要度。
  • 製品。
  • 警告のカテゴリ。

頻度の設定に使用できるのは、上記の属性のいずれか 1つのみです。

今すぐ」、「毎時」、「毎日」、または「 送信しない」のいずれかを選択できます。ここでの選択は、すべてのサブ管理サイトから送信される警告に適用されます。

毎時」および「毎日」オプションを選択した場合、期間内に発生した警告がすべて 1通のメールにまとめて送信されることはありません。管理者は、各警告につき 1通のメールを受信します。

カスタムルール

デフォルトで、管理者はすべてのサブ管理サイト宛てのすべてのメール警告を受信します。

カスタムルールを使用すると、一部の管理者が、特定のサブ管理サイト/製品/イベントのみに関する警告を受信することを簡単に設定できます。

ルールの詳細を表示するには、リストの横にある展開矢印をクリックします。

ルールを一時停止、編集、または削除するには、リストの横にあるそれぞれのアイコンを選択します。アイコンをマウスオーバーすると、説明が表示されます。

例外

例外」リストには、設定済みの例外が表示されます。例外によって、特定の警告の種類のメール警告の送信頻度が変更されます。

例外は、Sophos Central Admin の「警告」ページの各警告の詳細で設定します。また、ここで編集することもできます。