Sophos Central による管理を XG Firewall で有効にする方法

Sophos Central 管理を XG Firewall でオンにして、Sophos Central でリクエストを承認する必要があります。

はじめに

Sophos Central アカウント (ライセンスまたは評価版) が必要です。

Sophos Central による管理を XG Firewall でオンにする方法

  1. XG Firewall にサインインして、「Central Synchronization」を参照します。

    Central Synchronization のメニューオプション。
  2. 登録」をクリックして、Sophos Central 管理者アカウントのメールアドレスとパスワードを追加します。「登録」をクリックします。

    Sophos Central 管理者アカウントの作成方法については Sophos Central の導入にあるビデオを参照してください。


    Sophos Central に XG を登録する方法。
  3. Sophos Central サービス」をオンにします。

    「Sophos Central サービス」をオンにします。

Sophos CentralXG Firewall の管理を承認する方法

  1. XG Firewall の登録に使用した Sophos Central Admin アカウントにサインインします。
  2. ファイアウォール管理」を開きます。

    ファイアウォール管理のメニューオプション。
  3. ファイアウォール」ページで、最近登録したファイアウォールを見つけ、「サービスの許可」をクリックします。

    ファイアウォール用のサービスを承諾します。
  4. XG Firewall で、その管理状態を確認できます。「Central Synchronization」をクリック し、状態が「Sophos Central からの承認を待機中です」から「管理状態にある」に変更されたかどうかを確認します。

    Sophos Central からの承認を待機中です」から「管理状態にある」への変更には最大で 2分間かかる場合があります。

    状態が「管理状態にある」に変更された場合、ご使用の XG FirewallSophos Central で管理できる準備が整いました。

  5. XG Firewall からサインアウトできます。今後は、「ファイアウォール」ページの Sophos Central でファイアウォールの名前をクリックして、XG Firewall を管理できます。

    Sophos Central の「ファイアウォール」ページに表示されるファイアウォール。

    ファイアウォールの Web 管理コンソールが開くまで数秒かかることがあります。


    ファイアウォールの Web 管理コンソールが読み込み中です。