Sophos Central Migration Tool のデータベーススキーマのアンインストール

リモートデータベースのある Sophos Enterprise Console サーバーから Sophos Central Migration Tool をアンインストールしたら、以下の手順で Sophos Central Migration Tool のデータベーススキーマを手動でアンインストールする必要があります。

  1. コマンドプロンプトを開き、解凍されたインストーラコンテンツのフォルダ c:\scmt_210\resources\DBScripts へ移動します。
    注: 注: ログオンしているアカウントが Sophos Central Migration Tool のデータベーススキーマを Sophos Enterprise Console データベースから削除するための十分な権限がない場合、「別のユーザーとして実行する」オプションを指定してコマンドプロンプトを開き、十分な権限のあるアカウントを指定します。
  2. Sophos Central Migration Tool のデータベーススキーマを設定した際に使用した 「データソース」(または「サーバー」) と「初期カタログ」(または「データベース」) を使用して、データベースのインストールスクリプトを実行します (Sophos Central Migration Tool のデータベーススキーマのインストールの手順 3 を参照)。例: UninstallDbCloudMigration SqlServerHost\SOPHOS SOPHOS551