グループレイアウトの保持

移行時する際、Sophos Enterprise Console グループを Sophos Central で保持できます。

Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) はデフォルトでオフになっています。「File > Options」(ファイル - オプション) をクリックして参照できます。

グループレイアウトの保持

Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) がオンの場合は、移行プロセスの一環として、既存のグループが Sophos Central に作成されます。Sophos Enterprise Console でグループに割り当てられているデバイスは、Sophos Central の同様のグループに配置されます。

制限事項

ディレクトリサービスを使用してコンピュータとグループを Sophos Central にインポートする場合は、「Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) をオフにすることを推奨します。

インストール時にグループが割り当てられるようにカスタム インストール パラメータを設定した場合は、「Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) の設定が上書きされます。カスタム インストール パラメータまたは「Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) のいずれかを使用することを推奨します。詳細は、カスタム インストール パラメータを適用する方法を参照してください。

デバイスとグループの移行方法

Preserve Group Layouts」(グループレイアウトの保持) がオンの場合は、次のルールを使用してデバイスとグループが移行されます。

  • グループが Sophos Central に存在しない場合は、グループを作成し、その新しいグループにデバイスを配置します。新しいグループには、デフォルトポリシーが自動的に割り当てられます。
  • グループが Sophos Central に存在する場合は、そのグループにデバイスを配置します。グループに割り当てられているポリシーはすべてデバイスに適用されます。
  • ネストされたグループはサポートされており、ネストされたグループ構造が Sophos Central で作成されます。デバイスは、ネストされた構造の適切なグループに配置されます。
  • Sophos Central はコンピュータとサーバーを異なるグループに配置します。Sophos Enterprise Console グループにコンピュータとサーバーの両方が含まれている場合は、新しいコンピュータグループと新しいサーバーグループが Sophos Central に作成されます。新しいサーバーグループにサーバーが配置され、新しいコンピュータグループにコンピュータが配置されます。