コンピュータの移行対象からの除外

コンピュータを Sophos Central に移行しない場合は、そのコンピュータを移行除外リストに追加できます。これによって、誤って移行対象として選択されたり、移行されることがなくなります。

注: 既に Sophos Central によって管理されているコンピュータは、移行から除外できません。管理対象として既に選択されているコンピュータは除外リストに追加されません。

コンピュータを移行対象から除外するには以下を実行します。

  1. 移行ツールのコンピュータリストでコンピュータを選択し、右クリックして「Add to Exclusion List」(除外リストに追加) をクリックします。
  2. Exclude computers from migration」(移行対象からコンピュータを除外する) ダイアログボックスで、除外する理由を入力します。これは後で参考にすることができます。「OK」をクリックします。

除外されたコンピュータの状態は、鍵のアイコンが付いた「Not Ready」(準備ができていません) に変わります。

後日、除外を取りやめ、移行することを決定したコンピュータは、除外リストから削除できます。その場合は、Sophos Central の準備状態の評価に応じて、「Ready」(準備完了) または「Not Ready」(準備ができていません) と表示されます。