コンピュータの移行

警告: 移⾏中、コンピュータは保護されていません。

コンピュータを Sophos Central に移行するには、次の手順を実行します。

  1. Sophos Central Migration Tool を開き、Sophos Central に接続して、「Full assessment and migration」(完全な評価と移行) を選択します。

    Sophos Central にアクセスするための移行パスフレーズがまだない場合は、設定するようメッセージが表示されます。

  2. 現在の状態では移行できないコンピュータを修正します。たとえば、Sophos Central でサポートされていない機能をオフにします。
  3. 準備ができているコンピュータを選択します。

    準備ができているコンピュータのみを表示するには、画面上部の「Ready」(準備完了) をクリックします。

  4. 移行前にコンピュータのフィルタリングを行います。次の手順を実行できます。
    • 列ヘッダー (たとえば、「Group」(グループ)) のフィルタリングのアイコンをクリックし、フィルタリングする用語を入力します。
    • フィルタリングに使用できるさまざまな列を表示します。テーブルのヘッダーを右クリックし、メニューから選択します。

    コンピュータをフィルタリングしても、「Ready」(準備完了) の数は変わりませんが、UI の右下に表示される数字は、フィルタリングした数を示します。

    フィルタをクリアするには、「View > Filters > Clear All」(表示 - フィルタ - すべてをクリア) を使用します。

  5. コンピュータをハイライトし、「Select」(選択) をクリックして移行するコンピュータを選択します。
  6. Migrate」(移行) をクリックし、確認メッセージで「Yes」(はい) をクリックします。
    コンピュータは、次にスケジュールされたアップデートが実行されるまで「Pending」(保留中) 状態になります。
    注: コンピュータが長時間「Pending」(保留中) 状態になっている場合は、タイムアウト警告が表示されます。

移行が開始されると、コンピュータの状態が「Migrating」(移行中) に変わります。

注: コンピュータのアップデート間隔とネットワーク接続によっては、移行に最大 2時間かかる場合があります。リモートの Sophos Update Manager からアップデートを行うコンピュータの場合は、さらに時間がかかることがあります。
注: コンピュータによっては、コンピュータが保護されていないことを示す Windows アクションセンターの警告が表示される場合があります。移行後には警告が消えます。
注: 移行中は、Sophos Central に表示されるコンピュータが、依然として Sophos Enterprise Console で表示・管理可能な場合もあります。

移行が完了すると、コンピュータは「In Central」ビューに移動します。

移行が正常に完了しなかった場合は、影響を受けるコンピュータは「Error」(エラー) ビューに移動し、詳細が表示されます。

これで、移行されたコンピュータを Sophos Central で表示できます。次の手順を実行します。

  • Sophos Central で、コンピュータを再起動する必要があるかどうかを確認します。移行ツールにはこれは表示されません。
  • コンピュータのフルシステムスキャンを実行して、移行中にコンピュータが侵害されていないことを確認します。
  • コンピュータに適切な Sophos Central ポリシーが適用されていることを確認します。

すべての管理対象コンピュータを移行したら、Sophos Enterprise Console 管理サーバーを移行できます。

注: 移行後は、設定した Sophos Central API トークンを削除することを推奨します。