コンピュータの準備状態レポートの Excel での表示

移行ツールの「Report」(レポート) ボタンをクリックすると、HTML レポートが生成され、表示されますが、次の場所に report.xml というレポートの XML コピーも生成されます。

C:\ProgramData\Sophos\Cloud Migration Tool\

Report」(レポート) をクリックするごとに report.xml ファイルが更新されます。

コンピュータの準備状態レポートを Excel スプレッドシートとして表示する必要がある場合には、次の手順を実行します。

  1. Excel を開きます。
  2. Excel で「ファイル」メニューの「開く」をクリックします。C:\ProgramData\Sophos\Cloud Migration Tool\ に移動し、report.xml ファイルを開きます。
    注: ProgramData または Application Data は隠しフォルダです。このため、ファイルを参照する際にはフルパスを入力するか、エクスプローラでフォルダの非表示をオフにする必要があります。
  3. メッセージが表示されたら、スタイルシートを適用せずにファイルを開くことを選択します。「OK」をクリックします。
  4. メッセージが表示されたら、ファイルを XML テーブルとして開くことを選択します。「OK」をクリックします。
  5. スキーマが存在しないことを示すメッセージでは、「OK」または「キャンセル」をクリックします。

これにより、Excel テーブルが作成され、「Report」(レポート) をクリックする前に選択したコンピュータとその準備状態が表示されます。テーブル内のエントリの並べ替えとグループ化を実行できます。