コンテンツにスキップ

社内ストレージの追加

社内ストレージを Sophos Mobile にアップロードして、ユーザーが使用できるようにできます。

制限事項

社内ストレージは、2022年 10月 1日以前に作成された Sophos Central アカウント、および Sophos Mobile のオンプレミスインストールから移行したアカウントでのみ使用できます。

制限事項

この機能を使用するには Mobile Advanced ライセンスが必要です。

ユーザーは、Sophos Secure Workspace アプリの「社内ストレージ」というストレージサービスから社内ストレージにアクセスできます。

Sophos Mobile は、Sophos Secure Workspace を管理する必要があります。つまり、「社内ストレージ」設定を含む Sophos コンテナポリシーをデバイスに割り当てる必要があります。

社内ストレージは、読み取り専用です。

社内ストレージを追加するには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーのメニューの「デバイス設定」で、「文書ファイル」をクリックします。
  2. 文書ファイル」ページで、「追加 > 文書ファイルの追加」をクリックします。
  3. 次の設定を行います。

    設定 説明
    名前 Sophos Secure Workspace での文書ファイル名。
    カテゴリ Sophos Secure Workspace が文書ファイルを追加する、「社内ストレージ」のカテゴリフォルダ。

    カテゴリを入力しない場合、Sophos Secure Workspace は「社内ストレージ」のルートフォルダに文書ファイルを追加します。

    クリップボードへコピー ユーザーはクリップボードに文書ファイルをコピーできます。
    文書ファイルの共有 ユーザーは文書ファイルを共有できます。

    ユーザーが暗号化された文書ファイルを共有した場合、Sophos Secure Workspace は他のアプリに送信する前にそれを復号化します。

    文書ファイルをオフラインで使用 ユーザーは、文書ファイルを「お気に入り」リストに追加できます。

    ユーザーが「お気に入り」リストに文書ファイルを追加すると、Sophos Secure Workspace は暗号化されたローカルコピーを作成します。

    このチェックボックスの選択を解除した際、ユーザーが既に「お気に入り」リストに文書ファイルを追加している場合、Sophos Secure Workspace は次回の同期時にローカルコピーを削除します。

    割り当て済みグループ 文書ファイルにアクセスできるデバイスグループ。
    説明 Sophos Secure Workspace にある文書ファイルの説明。
  4. ファイルのアップロード」をクリックした後、文書ファイルを選択します。

  5. 保存」をクリックします。

文書ファイルをユーザーが使用できるようにするには、ポリシーをデバイスに割り当てます。