コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-01

Apple Business Manager アプリの管理

Apple Business Manager で購入するアプリを Sophos Mobile で管理するには、Apple Business Manager から Sophos Mobile にコンテンツトークンを転送し、アプリの割り当てを設定します。

コンテンツトークンは、サーバートークンまたはロケーショントークンとも呼ばれます。コンテンツトークンの有効期限は 1年間です。

警告

各コンテンツトークンは、単一のモバイルデバイス管理 (MDM) プロバイダに対してのみ使用できます。誤ってトークンを 2回割り当てないようにするには、トークンを Sophos Mobile にアップロードする前に、他の MDM プロバイダで使用したトークンを無効にして削除することを推奨します。

Apple Business Manager からのアプリの管理を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者ロールまたはコンテンツ管理者ロールのあるアカウントで Apple Business Manager にサインインします。
  2. Sophos Mobile に接続する Apple Business Manager の場所のサーバ-トークンをダウンロードします。

    詳細は、次を参照してください。Apple Business Manager ユーザーガイド: Apple Business Manager でサーバトークンを管理する

    Apple Business Manager でアプリを購入する際、アプリは特定の場所に割り当てます。複数の場所からアプリを管理する場合は、場所ごとに個別の Sophos Mobile アカウントを使用する必要があります。

  3. Sophos Mobile で「セットアップ > Apple セットアップ > Apple VPP」を参照してください。

  4. 次の設定を行います。

    設定 説明
    インストール時の iOS VPP アプリの自動割り当て先 Sophos Mobile が Apple Business Manager アプリをユーザーとデバイスに自動的に割り当てるかどうか、およびその方法を選択します。

    デバイスへの割り当てを優先: Sophos Mobile は、アプリをデバイスに割り当てます。デバイスが割り当てをサポートしていない場合、Sophos Mobile はアプリをデバイスのユーザーに割り当てます。

    ユーザーへの割り当てを優先: Sophos Mobile は、アプリをデバイスのユーザーに割り当てます。デバイスのユーザーがない場合、Sophos Mobile はアプリをデバイスに割り当てます。

    無効: アプリは手動で割り当てる必要があります。macOS アプリをユーザーに割り当てることはできません。

    デバイスへの割り当てを優先」と「ユーザーへの割り当てを優先」のいずれかのオプションを有効にした場合、デバイスの自動割り当てがオンになります。

    デバイスに割り当てられている iOS VPP アプリの自動アップデート iPhone または iPad に割り当てられているアプリの場合、利用可能なアップデートがあると、ユーザーはデバイスで通知を受信します。

    ユーザーに割り当てられているアプリの場合、ユーザーは App Store でアップデートの有無を確認する必要があります。

    Apple ID 組織の Apple ID。
    App Store の国。

    一部の国では利用できないアプリもあります。アプリを検索する際、Sophos Mobile は選択された国を使用します。

    国コードの一覧は、ISO オンライン閲覧プラットフォーム: 国コードの一覧を参照してください。

    ファイルのアップロード ステップ 2 で、Apple Business Manager からダウンロードした、サーバートークンを含む .vpptoken ファイルをアップロードします。

    Sophos Mobile は、「組織」および「有効期限」にトークン情報を表示します。

  5. 保存」をクリックします。

これで、アプリをデバイスに割り当てる準備ができました。アプリをユーザーに割り当てる前には、ユーザーを Apple Business Manager アプリに登録する必要があります。詳細は、Apple Business Manager へのユーザー登録を参照してください。

トップへ