コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-06-13

Apple Business Manager アプリの手動割り当て

Apple Business Manager アプリは、ユーザーやデバイスに割り当てることができます。

ヒント

Apple Business Manager アプリを手動で割り当てる代わりに、ユーザーがアプリをインストールする際に、それが割り当てられるように Sophos Mobile を設定できます。詳細は、Apple Business Manager アプリの管理を参照してください。

Apple Business Manager アプリをユーザーやデバイスに手動で割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーのメニューの「デバイス設定」で、「アプリ > iOS/iPadOS」、または「アプリ > macOS」をクリックします。
  2. VPP アプリのインポート」をクリックします。Sophos Mobile は、Apple Business Manager からアプリ情報を取得し、必要に応じてアプリの項目を作成します。
  3. ユーザーまたはデバイスに割り当てるアプリをクリックします。

    Apple Business Manager アプリの場合、「VPP」の列にチェックマークのアイコンが表示されます。

  4. VPP ライセンス」の横にある「表示」をクリックします。

  5. アプリを割り当てるユーザーまたはデバイスを選択します。

    Apple Business Manager に登録されているすべてのユーザーや、関連付けられているすべてのユーザー、ステータスが「管理状態にある」になっているすべてのデバイスのなかから選択することができます。

    macOS アプリはデバイスのみに割り当てることができます。

  6. または、デバイスグループを選択して、デバイスにアプリを割り当てることもできます。

    1. 適用可能なデバイスグループ」の横にある「表示」をクリックします。
    2. デバイスグループを選択します。
  7. デフォルトで iOS アプリは、管理状態にあるアプリとしてユーザーのデバイスにインストールされます。管理状態にないアプリとしてアプリをインストールするには、「Sophos Mobile 管理型インストール」チェックボックスの選択を解除します。

  8. 保存」をクリックします。

Sophos Mobile は、アプリの割り当てを Apple Business Manager と同期します。

割り当ての状態は Apple Business Manager によって管理されるため、デバイスで変更を確認できるまでに多少時間がかかることがあります。

トップへ