コンテンツにスキップ

ビジネス向け Android の設定 - 概要

組織で使用するためにビジネス向け Android を設定する場合、次の 2つの異なるシナリオからいずれか 1つを選択できます。

ヒント

ビジネス向け Android の設定が完了したら、「セットアップ > Google セットアップ > ビジネス向け Android > ビジネス向け Android モード」で、有効なシナリオを確認することができます。

ビジネス向け Google Play アカウントのシナリオ

組織のビジネス向け Android を最も簡単に設定する方法です。

  • Sophos Mobile の指示に従って、ビジネス向け Goolge Play アカウントを組織内で設定します。
  • ユーザーアカウントのライフサイクル全体は、Sophos Mobile によって管理されます。
  • ユーザーが一度に登録できるデバイスは 10台までとなります。これは Android の制限によります。

    ヒント

    この制限を回避するには、ユーザーを割り当てずにデバイスを登録できます。詳細は、Android のユーザーレスデバイスを参照してください。

  • 複数の Sophos Central アカウントがある場合や、一部のデバイスを Sophos Mobile とは異なる EMM (Enterprise Mobility Management) プロバイダで管理する場合などは、組織に複数の Google Play アカウントを作成できます。

ビジネス向け Google ドメインのシナリオ

この方法は、既にビジネス向け Google ドメインがある場合、または Sophos Mobile の外でビジネス向け Android ユーザーのアカウントを管理する場合に使用してください。

  • Google でビジネス向け Google ドメインを登録して、ドメイン所有権を証明します。
  • Sophos Mobile を EMM プロバイダとして、ビジネス向け Google ドメインにバインドします。
  • 必要に応じて、Sophos Mobile によってユーザーアカウントが作成されます。これ以外に、Sophos Mobile によってアカウントのライフサイクルは管理されません。
  • ユーザーは、デバイスを Sophos Central Self Service Portal に登録します。Sophos Central Admin に登録することはできません。

ビジネス向け Google ドメインシナリオの制限事項:

  • QR コード登録は利用できません。
  • 組織の Google Workspace アカウントに複数のドメインが追加されている場合、Sophos Mobile にバインドできるドメインは 1つだけです。他のドメインのいずれかにメールアドレスのあるユーザーは、デバイスを Sophos Mobile に登録できません。