コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-01

Sophos Chrome Security の自動登録の設定

Google Workspace (旧称: G Suite) を使用している場合は、Google Workspace ユーザーが Chrome デバイスにサインインしたときに、Sophos Mobile に自動的に登録されるように Sophos Chrome Security 拡張機能を設定できます。

Sophos Chrome Security 自動登録を設定する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「セットアップ > Google セットアップ」をクリックし、「Google Workspace」タブをクリックします。
  2. 接続コードの生成」をクリックします。
  3. 次の設定を行います。

    • 所有者: デバイスが組織によって所有されているか (会社)、ユーザーによって所有されているか (個人) を選択します。
    • デバイスグループ: デバイスを割り当てる Sophos Mobile のデバイスグループ。
    • Chrome Security ポリシー (任意): 登録後に拡張機能に割り当てる Chrome Security ポリシー。
    • Chrome Enterprise デバイス上のみで登録 (任意)Sophos Chrome Security は、 Chrome Enterprise デバイスにある Sophos Mobile のみで自動登録します。

      Chrome Enterprise デバイスを登録するには、Google から Chrome Enterprise Upgrade サービスを購入する必要があります。

      Chrome Enterprise の詳細は、Google Chrome Enterprise and Education ヘルプ: Chrome Enterprise と Chrome Education の概要を参照してください。

  4. 保存」をクリックします。

  5. 接続コード」の横の「コピー」をクリックし、値をクリップボードにコピーします。

Google 管理コンソールで残りの手順を実行します。

  1. Google Workspace アカウントで Google 管理コンソールにサインインします。
  2. ダッシュボードで、「デバイス > Chrome デバイス」をクリックします。
  3. ナビゲーションバーで、「アプリと拡張機能」を選択します。

    「アプリと拡張機能」メニュー項目

  4. 任意: 組織単位を選択します。

    Sophos Chrome Security は、該当する組織単位に所属するユーザーのみを自動登録します。

  5. 右下の「+」ボタンをマウスオーバーして、「Chrome App Store から追加」をクリックします。

    「Chrome ウェブストアから追加」オプションの場所

  6. Sophos Chrome Security」を検索して、「選択」をクリックします。

  7. 拡張機能のポリシー」に、Sophos Mobile からの接続コードを入力します。

    接続コードの例

  8. インストールポリシー」で、次のいずれかの手順を選択します。

    • 自動インストールする: Sophos Chrome Security を自動的にインストールし、ユーザーが削除できないようにします。
    • 自動インストールして固定する: 「自動インストールする」と同じ。さらに、Sophos Chrome Security を Chrome OS のタスクバーにピン留めします。

    インストールポリシーのオプション

  9. 設定を保存します。

Google Workspace ユーザーが Chrome デバイスにサインインすると、Sophos Chrome Security が自動的にインストールされ、Sophos Mobile に登録されます。拡張機能は、Sophos Mobile Admin の「すべてのデバイス」ページから管理することができます。

必要に応じて、接続コードを無効にして今後行われる登録をブロックできます。既に登録されている Sophos Chrome Security 拡張機能は影響を受けません。

トップへ