コンテンツにスキップ

Sophos Chrome Security

Sophos Chrome Security は Chrome デバイスのセキュリティ拡張です。

制限事項

この機能は Mobile Standard ライセンスでは使用できません。

Sophos Chrome Security を Sophos Mobile に登録すると、次の操作を実行できます。

  • デバイスを検索します。
  • デバイスにメッセージを送信します。
  • ユーザーにアクセスを許可する Web サイトを設定します。

登録タイプ

手動登録

デバイスの追加」アシスタントまたは Sophos Central Self Service Portal を使用して、Chrome デバイスを Sophos Mobile に登録できます。ユーザーはデバイスに Sophos Chrome Security をインストールし、登録トークンを入力する必要があります。

ヒント

デバイスに割り当てるユーザーは、Sophos Chrome Security に登録する Google ユーザーと一致する必要はありません。Google ユーザーのアカウント名を取得するには、「デバイスの表示」ページの「system_user_account」デバイスプロパティを確認します。

自動登録

Google Workspace (旧称: G Suite) を使用している場合は、Google Workspace ユーザーが Chrome デバイスにサインインしたときに、Sophos Mobile に自動的に登録されるように Sophos Chrome Security を設定できます。

詳細は、Sophos Chrome Security の自動登録の設定を参照してください。

自動登録の詳細

Sophos Chrome Security が自動登録すると、Sophos Mobile はユーザーとデバイスを次のように作成します。

Chrome Enterprise デバイス

  • Sophos Mobile は、Sophos Chrome Security がはじめて登録するときにデバイスを作成します。デバイス名にはデバイスのシリアル番号が使用されます。
  • Sophos Mobile は、Google Workspace ユーザーごとにユーザー 1人を作成し、デバイスに割り当てます。
  • 別のユーザーが同じデバイスにサインインした場合、 Sophos Mobile は前のユーザーの割り当てを解除し、代わりに新しいユーザーを割り当てます。
  • ユーザーがデバイスを共有している場合、Sophos Mobile は、ユーザーがサインインするたびにユーザー割り当てを更新します。
  • 自動登録の設定を変更すると、次回サインインするすべてのユーザーに対して変更内容が適用されます。

その他のデバイス

  • Sophos Mobile は、Sophos Chrome Security が登録するたび、つまりユーザーがはじめてデバイスにサインインするたびに、デバイスを作成します。
  • Sophos Mobile は、Google Workspace ユーザーごとにユーザー 1人を作成し、デバイスに割り当てます。
  • ユーザーがデバイスを共有している場合、Sophos Mobile はユーザーごとにデバイスを 1つ作成します。
  • 自動登録の設定を変更すると、はじめてデバイスにサインインするユーザーのみに変更内容が適用されます。
トップへ