コンテンツにスキップ

Apple アクティベーションロックのバイパス

Apple アクティベーションロック機能をバイパスして、以前のユーザーの Apple ID とパスワードを入力せずに、iPhone および iPad を再アクティベートできます。

要件

  • デバイスが監視下にある。
  • Sophos Mobile Admin でアクティベーションロックのバイパスをオンにし、その後デバイスが Sophos Mobile と同期済みである。

アクティベーションロックは、紛失や盗難に遭ったデバイスを第三者がアクティベートして使用できないようにする、Apple のセキュリティ機能です。デバイスでアクティベーションロックがオンになっている場合、デバイスを再アクティベートするには、以前のユーザーの Apple ID とパスワードを入力する必要があります。

ユーザーが、アクティベーションロックがオンになっている状態でデバイスを返却し、そのユーザーの Apple ID とパスワードがわからない場合、Sophos Mobile でデバイスを再アクティベートする方法は次の 2とおりあります。

アクティベーションロックの解除

デバイスが Sophos Mobile に登録されたままになっている場合は、アクティベーションロックをリモートで削除できます。

  1. サイドバーのメニューで、「デバイス」を選択します。
  2. アクティベーションロックを削除するデバイスを開きます。
  3. デバイスの表示」ページで、「アクション > アクティベーションロックの解除」を選択します。

    Sophos Mobile は、アクティベーションロックを削除するタスクをデバイスに送信します。

  4. タスクが完了したら、デバイスを出荷時の状態にリセットします。

これで、以前のユーザーの Apple ID とパスワードを入力せずに、デバイスをアクティベートできるようになりました。

アクティベーションロックのバイパス

ユーザーが出荷時の状態にリセット済みである場合など、デバイスが既に Sophos Mobile から登録解除されているとします。その場合は、バイパスコードを使って、デバイスを再アクティベートできます。

  1. サイドバーのメニューで、「デバイス」を選択します。
  2. アクティベーションロックをバイパスするデバイスを開きます。
  3. デバイスの表示」ページで、「デバイスのプロパティ」を選択します。
  4. プロパティリストで、「ActivationLockBypassCode」を検索します。

    これはバイパスコードです。

  5. デバイスを出荷時の状態にリセット後、オンにします。

  6. 以前のユーザーの Apple ID とパスワードの入力が必要なページで、「パスワード」フィールドに、ダッシュなしでバイパスコードを入力します。

    Apple ID」フィールドは空白のままにしておきます。

  7. アクティベーション手順を完了します。

トップへ