コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-06-13

アプリのパーミッションの設定 (ビジネス向け Android デバイスポリシー)

アプリのパーミッション」設定では、アプリが要求するパーミッションに対するレスポンスを設定できます。

制限事項

設定できるのは、アプリが要求できるパーミッションのサブセットである、ランタイムパーミッションのみです。バッテリーの最適化やアクセシビリティ機能などのアプリ機能に関するパーミッションは、引き続きユーザーに要求されます。これは Android の制限によります。

設定 説明
ランタイムパーミッションの要求に対するデフォルトのレスポンス ランタイムパーミッションの要求に対するデフォルトのレスポンスは次のいずれかです。
  • 通知: ユーザーによるパーミッションの許可が促されます。
  • 自動許可: ランタイムパーミッションの要求は自動的に許可されます。
  • 自動拒否: ランタイムパーミッションの要求は自動的に拒否されます。

自動許可」または「自動拒否」を選択した場合、ユーザーが後でパーミッションを編集することはできません。

各アプリのランタイムパーミッション 特定のアプリに対して、ランタイムパーミッションを許可または拒否します。

追加」をクリックしてアプリを選択し、各パーミッションに対して次のいずれか 1つを選択します。

  • 選択可能: ユーザーはパーミッションを編集できます。
  • 許可: パーミッションが許可されています。
  • 拒否: パーミッションが拒否されています。
トップへ