コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-06-13

メールアカウントの設定 (macOS ユーザーポリシー)

メールアカウント」の設定では、連絡先、メール、リマインダー、カレンダーを使用するための Exchange Web Services (EWS) アカウントを設定できます。

設定 説明
アカウント名 アカウント名。
サーバー名 Exchange Online の場合は、outlook.office365.com と入力します。

Exchange Server の場合は、サーバーの URL を入力します。

outlook.office365.com は、全世界の Microsoft 365 クラウドに適用されることに注意してください。Office 365 Germany など、別の Microsoft 365 クラウドを使用している場合は、Microsoft の文章、Office 365 Germany など、別の Microsoft 365 クラウドを使用している場合は、Microsoft の文章、を参照してください。

Sophos Mobile EAS プロキシの URL は入力しないでください。Mac は、EAS プロキシによって使用される ActiveSync プロトコルに対応していません。

OAuth を使用する場合は、このフィールドを空白のままにします。Exchange ホストは自動検出されます。

ドメイン Exchange Online の場合は、このフィールドを空白のままにします。

Exchange Online の場合は、このフィールドを空白のままにします。

ユーザー ユーザーのサインイン名。

Exchange Online の場合、通常、これはメールアドレスです。%_EMAILADDRESS_% と入力して、デバイスに割り当てられているユーザーのメールアドレスを使用します。

Exchange Server の場合は、%_USERNAME_% と入力して、デバイスに割り当てられているユーザーの名前を使用します。

メールアドレス アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

パスワード このアカウントのパスワード。

このフィールドを空白のままにすると、ユーザーは自分のデバイスでパスワードを入力する必要があります。

OAuth 2.0 をオン アカウントには OAuth 2 認証方式が使用されます。つまり、ユーザーは Microsoft の認証情報を使用して認証します。
OAuth 承認エンドポイント ユーザー認証の要求を処理する OAuth エンドポイントの URL。

値を入力しても、メールサーバーは自動検出されません。「サーバー名」に URL を入力する必要があります。

認証プロバイダによって要求された場合のみ、値を入力してください。

SSL/TLS Exchange サーバーとの接続は、SSL または TLS (サーバーの対応状況に依存) で保護されます。

このチェックボックスは選択することを推奨します。

トップへ