iPhone および iPad 用の管理対象アプリ

iPhone および iPad アプリは、管理対象アプリまたは管理対象外アプリとしてインストールできます。

アプリの管理状態は、「デバイスの表示」ページの「インストール済みのアプリ」タブで確認できます。

管理対象アプリと管理対象外アプリの違い

  • ユーザーが、Enterprise App Store から管理対象アプリをインストールすると、Sophos Mobile でインストールタスクが作成され、処理されます。管理対象外アプリの場合、ユーザーは Apple App Store にリダイレクトされます。
  • 管理対象アプリは、Sophos Mobile Admin でアンインストールできます。しかし、この方法で、管理対象外のアプリをアンインストールすることはできません。
  • 監視対象の iPhone および iPad では、管理対象アプリはサイレントインストール/アンインストール (ユーザーの操作なし) されます。
  • デバイスのポリシー設定の一部は、管理対象アプリのみに対して設定できます。
  • 管理アプリは、デバイスが Sophos Mobile から登録解除されると、自動的にアンインストールされます。管理対象外アプリはインストールされたままで残ります。

管理対象アプリのインストール

管理対象アプリをインストールするには、次のいずれかを選択してください。

  • Sophos Mobile Admin でアプリをインストールします。
  • アプリの設定で「Sophos Mobile 管理型インストール」をオンにし、ユーザーが Enterprise App Store からアプリをインストールできるようにします。

2つ目のオプションは、IPA パッケージファイルをアップロードして Sophos Mobile に追加したアプリ、または Sophos コンテナのみが Sophos Mobile の管理下にあるデバイスでは使用できません。

管理対象外アプリを管理対象アプリに変更する方法

既にインストールされているアプリの状態を「管理対象外」から「管理対象」に変更するには、アプリの設定で「Sophos Mobile 管理型インストール」をオンにし、インストールタスクを作成します。これによって、アプリは再インストールされませんが、管理対象アプリに変更されます。