デバイスの同期

デバイスは、その種類に応じて、一定の間隔で Sophos Mobile サーバーと同期します。

同期には次の 3種類があります。

  • 一定の間隔 (通常は 24時間ごと) での定期的な同期。
  • Sophos Intercept X for Mobile が脅威を検出した場合など、特定のイベントが発生した場合に実行される同期。
  • ユーザーまたは管理者によって開始される、手動同期。

一定の間隔で行われる同期化については、以下のセクションを参照してください。

同期が実行されるたびに、同期間隔のカウンターはリセットされます。たとえば、同期間隔が 24時間で、スケジュール設定された次回の同期が、午後 11時である場合を想定します。午後 3時に同期を開始した場合、スケジュール設定された次回の同期は、翌日の午後 3時になります。

Android デバイス

Sophos Mobile によって Sophos Mobile Control が管理される Android デバイスは、次のように同期します。

  • サーバーで開始: 「許容する最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で、サーバーは同期要求をデバイスに送信します。値を設定しない場合、間隔は 24時間になります。
  • デバイスで開始: デバイスが通知を受信していない場合でも同期が実行されるようにするために、「Google セットアップ」ページの「Android」タブで設定された間隔でも同期します。詳細は、同期間隔の設定 (Android)を参照してください。

Sophos Mobile によって Sophos Intercept X for Mobile が管理される Android デバイスは、「許容する Intercept X for Mobile の最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で同期します。

iPhone および iPad

Sophos Mobile によって Sophos Mobile Control が管理される iPhone および iPad は、「許容する SMC の最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で同期します。値を設定しない場合、間隔は 24時間になります。

Sophos Mobile によって Sophos Intercept X for Mobile が管理される iPhone および iPad は、「許容する Intercept X for Mobile の最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で同期します。

Sophos Mobile アプリがインストールされていない iPhone と iPad は、「許容する最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で同期します。値を設定しない場合、間隔は 24時間になります。

Mac

Mac は 24時間ごとに同期します。

Windows コンピュータ

Windows コンピュータは次のように同期します。

  • サーバーで開始: 「許容する最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で、サーバーは同期要求をデバイスに送信します。値を設定しない場合、間隔は 24時間になります。
  • デバイスで開始: デバイスが通知を受信していない場合でも同期が実行されるようにするために、「Microsoft セットアップ」ページの「MDM 同期間隔」タブで設定された間隔でも同期します。詳細は、同期間隔の設定 (Windows)を参照してください。

    MDM 同期間隔」値を変更しても、既に登録済みのデバイスには適用されません。

Chrome デバイス

Chrome デバイスは次のように同期します。

  • サーバーで開始: 「許容する最大同期間隔」コンプライアンスルールで設定した間隔で、サーバーは同期要求をデバイスに送信します。
  • デバイスで開始: デバイスが通知を受信していない場合でも同期が実行されるようにするために、「Google セットアップ」ページの「Chrome OS」タブで設定された間隔でも同期します。詳細は、同期間隔の設定 (Chrome OS)を参照してください。