デバイスの登録

Sophos Mobile Admin に新しいデバイスを追加した後、Sophos Mobile に登録する必要があります。

登録タイプ

Sophos Mobile には、次の 2種類の登録タイプがあります。

デバイスの登録
この登録タイプは、MDM (モバイルデバイス管理) のすべての機能を提供します。Sophos Mobile でデバイス全体を管理することができます。
Sophos コンテナの登録
Sophos Mobile は、デバイス上の Sophos コンテナのみを管理し、デバイス自体は管理しません。

Sophos コンテナは、Android および iOS で利用できます。

次のような場合は、Sophos コンテナに登録すると便利です。

  • BYOD (Bring Your Own Device) シナリオを管理する。Sophos コンテナの登録の場合、限られたデバイス情報のみが組織のシステム管理者に表示され、個人アプリやデータは表示されません。
  • デバイスがソフォス以外の MDM ソフトウェアの管理下にあるが、SafeGuard Enterprise を使用した社内鍵リングの同期など、Sophos コンテナにある機能も使用する。
  • デバイスがソフォス以外の MDM ソフトウェアの管理下にあるが、追加メールアカウントを設定する。例: コンサルティング企業の従業員が、顧客の Exchange サーバーにアクセスする必要がある場合など。

登録方法

デバイスを登録するためのオプションは次のとおりです。

  • デバイス」機能を使用して、管理下にないデバイスを個別に登録できます。詳細は、デバイスの登録を参照してください。
  • デバイスの追加ウィザードを使用して、デバイスを Sophos Mobile に追加し、ユーザーへの割り当て、デバイスの登録、および登録用のタスクバンドルの配信を実行できます。詳細は、デバイスの追加ウィザードの使用を参照してください。
    注: 必要に応じて、デバイスの追加ウィザードや自動登録機能を使用して、Apple ID を使用しないで iPhone および iPad を登録できます。これは、ユーザーに配布する前に、デバイスを設定する場合などに便利です。詳細は、Apple ID を使用しないで iPhone および iPad を登録を参照してください。

推奨事項

複数のデバイスの登録や設定を効率よく行うには、次の方法を推奨します。

  • デバイスの登録、必要なポリシーの適用、および必要なアプリ (例: iPhone および iPad 用の管理対象アプリなど) のインストールに必要なタスクすべてをまとめてタスクバンドルを作成できます。詳細は、タスクバンドルを参照してください。
  • ユーザーに対して、Sophos Central Self Service Portalでのデバイスの登録を許可できます。許可するには、Sophos Central Self Service Portalの使用を設定する際に登録用のタスクバンドルを追加します。セルフサービス ポータルでタスクバンドルを選択する方法の詳細は、セルフサービス ポータルの設定の作成を参照してください。