タスクの種類 (iOS、iPadOS)

iOS のタスクバンドルで選択できるタスクの種類は次のとおりです。

登録

このタスクがデバイスに配信されると、各デバイスに対して設定されているメールアドレスに登録メールが送信されます。ユーザーは、登録メールにある手順に従ってデバイスを登録する必要があります。

既に登録済みのデバイスにタスクを配信した場合、そのタスクはスキップされます。

Sophos コンテナの登録

このタスクがデバイスに配信されると、各デバイスに対して設定されているメールアドレスに登録メールが送信されます。ユーザーは、登録メールにある手順に従ってデバイスを登録する必要があります。

既に登録済みのデバイスにタスクを配信した場合、そのタスクはスキップされます。

ポリシーの割り当て

ポリシーを選択します。この一覧にポリシーを追加する方法の詳細は、ポリシーを参照してください。

タスクがデバイスに配信されると、ユーザーの操作なしで、ポリシーが割り当てられます。

ポリシーのアンインストール

指定方法」で「ポリシー」を選択した後、リストからポリシーを選択します。

Sophos Mobile で作成したポリシーに加えて、管理対象デバイスにインストールされているすべてのポリシーがリストに表示されます。

リストにないポリシーの識別子がわかっている場合は、そのポリシーをアンインストールすることもできます。

アンインストールできるのは iOS デバイスポリシーのみです。その他の種類のポリシーについては、ポリシーをアップデートするか、別のポリシーを割り当てるか、デバイスの登録を解除してください。

プロビジョニング プロファイルのインストール

選択可能なプロファイルの一覧から、アプリのプロビジョニング プロファイルを選択します。この一覧にプロファイルを追加する方法の詳細は、プロビジョニング プロファイルのインポート (iOS、iPadOS)を参照してください。

タスクがデバイスに配信されると、プロビジョニング プロファイルは、ユーザーの操作なしでインストールされます。

プロビジョニング プロファイルのアンインストール

指定方法」で「プロファイル」を選択し、リストからプロビジョニング プロファイルを選択します。

リストには、Sophos Mobile サーバーで選択可能なプロファイルの他、管理下にあるデバイスで使用中のプロファイルも含まれています。

リストに含まれていないプロビジョニング プロファイルを削除することもできます。「識別子」を選択して、デバイスから削除するプロファイルの識別子を入力します。

タスクがデバイスに配信されると、プロビジョニング プロファイルは、ユーザーの操作なしで削除されます。

SMC アプリの再設定

タスクがデバイスに配信されると、ユーザーは QR コードを読み取るか、設定の詳細を手動で入力するよう求められます。これによって、以前アンインストールした Sophos Mobile Control アプリがサーバーに再接続されます。

注: このタスクを実行する前に、「アプリのインストール」タスクを使って、Sophos Mobile Control アプリをインストールする必要があります。

アプリのインストール

選択可能なアプリの一覧からアプリを選択します。この一覧にアプリを追加する方法の詳細は、アプリのアプリの追加を参照してください。

タスクがデバイスに配信されると、Sophos Mobile によってアプリがインストールされることが、ユーザーのデバイスに通知されます。ユーザーは、「インストール」をタップして操作を開始するか、「キャンセル」をタップしてインストールを拒否できます。

ユーザーがインストールを拒否すると、タスクは失敗します。

タスクを受信したデバイスに既にアプリがインストールされている場合、アプリはアップデートされます。

アプリのアンインストール

指定方法」で「アプリ」を選択し、選択可能なアプリのリストからアプリを選択します。

リストには、Sophos Mobile サーバーで選択可能なアプリの他、管理下にあるデバイスで使用中のアプリも含まれています。なお、システムアプリは含まれていません。

リストに含まれていないアプリをアンインストールすることもできます。「識別子」を選択して、デバイスからアンインストールするアプリのバンドル ID を入力します。

タスクがデバイスに配信されると、ユーザーの操作なしでアプリがアンインストールされます。

最新の iOS アップデートのインストール

タスクがデバイスに配信されると、使用可能な iOS/iPadOS の最新バージョンがインストールされます。インストールされるアップデートは、デバイスの機種に応じて異なる場合があります。

管理者が iOS/iPadOS をアップデートできるデバイスは次のとおりです。

  • 監視対象デバイス
  • 監視対象 Apple DEP デバイス

これ以外のデバイスでは、タスクに失敗します。

メッセージの送信

デバイスに表示する平文のメッセージを入力します。

タスクがデバイスに配信されると、メッセージテキストが通知ウィンドウに表示されます。過去のメッセージを Sophos Mobile Control アプリで表示できます。

登録解除

タスクがデバイスに配信されると、デバイスは Sophos Mobile から登録解除されます。詳細は、デバイスの登録解除を参照してください。デバイスのユーザーは、この操作を実行することを確認する必要はありません。

同じタスクバンドルに、「登録解除」タスクと「ワイプ」タスクを追加することはできません。

ワイプ

このタスクがデバイスに配信されると、デバイスは出荷時の状態にリセットされます。デバイスのユーザーは、この操作を実行することを確認する必要はありません。
注意: このタスクの種類は注意して使用してください。このタスクを受信したデバイス上のすべてのデータは、ユーザーの確認なしで削除されます。

同じタスクバンドルに、「登録解除」タスクと「ワイプ」タスクを追加することはできません。