Apple VPP アプリの管理

Apple Volume Purchase Program (VPP) を使用して、iOS アプリや macOS アプリのライセンスを一括購入し、組織内のユーザーに配布することができます。

注文が完了すると、サービストークン (sToken) をダウンロードできます。これには、購入したアプリのライセンスが含まれます。

VPP アプリをユーザーやデバイスに割り当てる

iOS の場合は、ユーザーまたはデバイスに VPP アプリを割り当てることができます。macOS の場合は、デバイスに VPP アプリを割り当てます。

  • iOS の VPP アプリをユーザーに割り当てた場合、ユーザーは、Sophos Mobile に登録されており、かつユーザーの Apple ID に関連付けられている、すべての iPhone と iPad にアプリをインストールできます。
  • iOS の VPP アプリをデバイスに割り当てた場合は、Apple ID に関連付ける必要はありません。
  • macOS の VPP アプリを Mac に割り当てた場合は、その Mac にサインインするすべてのユーザーがアプリを利用できます。

詳細は、VPP アプリの手動割り当ておよびVPP アプリの自動割り当てを参照してください。

Apple VPP へのユーザー登録

VPP アプリをユーザーに割り当てる前に、ユーザーを VPP に登録する必要があります。詳細は、Apple VPP へのユーザー登録を参照してください。

この場合、デバイスを VPP に登録する必要はありません。

VPP アプリのインストール

VPP アプリをインストールするには、他のアプリと同様に Sophos Mobile Admin でインストールします。詳細は、アプリのインストールを参照してください。

ユーザーは、App Store アプリの購入済みアプリのリストから、iOS の VPP アプリをインストールできます。しかし、この方法で、macOS の VPP アプリをアンインストールすることはできません。

VPP アプリの割り当て解除

次の方法で VPP アプリを割り当て解除します。

  • アプリの詳細ページで対象のユーザーまたはデバイスの選択を解除する。
  • iOS アプリ: ユーザーの詳細ページでアプリの選択を解除する。
  • macOS アプリ: 「VPP アプリの割り当て解除」タスクを含むタスクバンドルをデバイスに配信する。

次の場合、VPP ライセンスは自動的に回収されます。

  • デバイスからアプリがアンインストールされたとき。
  • Sophos Mobile からデバイスが登録解除されたとき。
ヒント:

VPP アプリの割り当てを解除した場合、ユーザーは、30日間は引き続きアプリを使用できます。