Exchange アカウントの設定 (macOS ユーザーポリシー)

Exchange アカウント」設定では、連絡先、メール、リマインダー、カレンダーを使用するための Exchange Web Services (EWS) アカウントを設定します。

設定

説明

アカウント名

アカウント名。

Exchange サーバー

Exchange サーバーのアドレス。

Sophos Mobile EAS プロキシを使用している場合は、EAS プロキシサーバーの URL を入力してください。

ドメイン

このアカウントのドメイン。

ユーザー

このアカウントのユーザー。

%_USERNAME_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のユーザー名に変換されます。

メールアドレス

アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

パスワード

このアカウントのパスワード。

このフィールドを空白のままにすると、ユーザーは自分のデバイスでパスワードを入力する必要があります。

OAuth 2.0 をオン

アカウントには OAuth 2 認証方式が使用されます。つまり、ユーザーは Microsoft の認証情報を使用して認証します。

OAuth 承認エンドポイント

ユーザー認証のリクエストを処理する OAuth エンドポイントの URL (Microsoft のサインインページなど)。

これを使用する場合、Exchange Online および Exchange Server の自動検出機能は使用されないため、「Exchange サーバー」にサーバーアドレスを入力する必要があります。

SSL/TLS

Exchange サーバーとの接続が SSL または TLS (サーバーの対応状況に依存) で保護されます。

このチェックボックスは選択することを推奨します。